えっ〜、いきなりアダルトサイトに入会?!
どうしよう?好奇心一杯…太郎くんの!困った!困った!〜

キャスト
  • イメージ:太郎くん被害者太郎くん 18才
  • イメージ:吾郎くん友人:吾郎くん 18才
  • イメージ:ひろしくん友人:ひろしくん 18才
  • イメージ:恐井請求者:サイト運営業者『アヤシイクラブ』恐井
接続サイト

アダルトサイト『アヤシイクラブ』
入会金・登録料:3万円
退会手続き費用:5万円


場面1 塾の帰り、ハンバーガーショップで、太郎くんと友人吾郎くん、ひろしくんが興味半分で携帯の出会い系サイトに接続する場面 

吾郎:(太郎くんに向かって)模試の結果どうだった?

太郎:さ・い・あ・く!また、おふくろに怒られそうだぜ!

ひろし:俺も…。特に英語がひどかったな〜。赤点だったらどうしよう…。

太郎:ホント!テストの無い国に行きたいぜ。

吾郎:もうすぐ、学校のテストだしなぁ…。

ひろし:つまんないよな。あ〜あ、なんか面白いことないかなぁ…。

太郎:(突然、携帯メール着信音が鳴る)あれっ、誰からだろ?

吾郎:メール?誰から?

太郎:(携帯を取り出して)えっ、『写真見てね』だって。

ひろし:へっ―、写真?どんな写真?

太郎:わからん。誰からだろう?

吾郎:もしかしたら、彼女かもよ!

太郎:ば〜か、彼女なんていないよ!いたら、おまえらとハンバーガーなんて食ってないだろ?

吾郎:そりゃそうか!でも、ちょっと気になるね!見てみようよ。

太郎:おい、おまえら…な…人の携帯だと思って!変なサイトだと困っちゃうだろ?

不当(架空)請求イメージ01

ひろし:いいじゃん。メールを開けるだけなんだから…。

吾郎:そうだよ。メールを開けるだけなら、お金もかからないし!

太郎:あっ、そうだよね!じゃ、ちょっと見てみようか?

ひろし:うん。なんか、面白そうじゃん!

吾郎:そうそう、つまんなかったら、直ぐ削除しちゃえばいいんだし!

太郎:そうだよね。折角だもんね!(携帯メールを開ける)

ひろし:どんな写真だろうね?可愛い女の子の写真だったりして…。

太郎:えっ―、何これ?

吾郎:どうしたの?見せて!見せて!

太郎:「入会、登録されました」だって!

吾郎:えっ、入会・登録って?

ひろし:まだ、メール開けただけだよ!

太郎:だって、ほら!(携帯を吾郎くんとひろしくんに見せる)

吾郎:ホントだ―!「入会・登録されました。会費3万円を3日以内に●●銀行○○の口座に振り込んでください」だって。

ひろし:えっ―、3万円?高〜い。

吾郎:それよか、未だなんにも見てないじゃん。

ひろし:(画面をスクロールしながら)おい、でも…前の画面の下に規約があったぞ…。

太郎:えっ、嘘〜!規約?全然気がつかなかったよ…。

吾郎:どれどれ…(携帯を覗き込んで)ホントだ。でも、こんな下の方にあったら、普通、気づくわけないじゃん。

ひろし:何々…「このサイトはクリックすると自動的に入会・登録になり、入会金を申し受けます」だって…!

太郎:えっー、そんなこと…知らなかったよ。

吾郎:だけど、全然見てないんだから、払わなくてもいいんじゃないの?

ひろし:おい「3日後までに支払わない場合は、1日1万円の延滞料が加算されます」だって!

太郎:ええっ―、1日1万円の延滞料?超〜高〜い!

ひろし:げっ、「お支払いが無ければ、取立て出張費を加算して自宅まで回収に行きます」だって。

吾郎:えっ、嘘〜!払わないと超ヤバイじゃん。

太郎:でも、3万円なんて…そんな金持ってないよ…。どうしよう?

ひろし:ちょっと、待って。退会方法があるよ。

太郎:えっ、退会方法?そんなのあるの?良かった―!

吾郎:良かったね〜。直ぐ退会した方がいいよ。

ひろし:うん。直ぐ退会すれば3万円も払わなくてすむよ!きっと。

太郎:(携帯を操作しながら)何々…、「退会する場合は、退会手続きに必要となりますので、名前と携帯番号を入力してくださいか…(携帯に名前や携帯番号を入力しながら)送信…OK。あっ〜良かった!ホッとしたよ。

吾郎:退会できて、良かったなぁ。

ひろし:ああ、マジであせったよな!

太郎:やっぱり、変なサイトだったんだ!おまえらが、開けてみろ…なんて言うからだぞ。

吾郎:まぁまぁ、でも、ちゃんと退会できたんだから、良かったじゃん!

太郎:ホント。ほっとしたよ。安心したよ。

|