愛知県建設部
建設企画課
建設部トップページへ


公表日 平成29年3月16日

 愛知県リサイクル資材評価基準の改正について

 この度、愛知県リサイクル資材評価制度実施要領に基づき、評価基準を改正(変更)しましたので、お知らせいたします。


  1. 改正の概要

    品目 主な改正内容 理由
    1)再生加熱アスファルト混合物 JIS A 5032:2006をJIS A 5032:2016に修正 引用規格の改正による
    2)再生路盤材 JIS A 5021:2011をJIS A 5021:2016に、JIS A 5032:2006をJIS A 5032:2016に修正 引用規格の改正による
    3)再生コンクリート JIS A 5011-2:2003をJIS A 5011-2:2016に、JIS A 5011-3:2003をJIS A 5011-3:2016に、 JIS A 5023:2012をJIS A 5023:2016に修正 引用規格の改正による
    4)プレキャストコンクリート製品 JIS A 5011-2:2003をJIS A 5011-2:2016に、JIS A 5011-3:2003をJIS A 5011-3:2016に、JIS A 5031:2010をJIS A 5031:2016に、JIS A 5361:2010をJIS A 5361:2016に、JIS A 5362:2010をJIS A 5362:2016に、JIS A 5363:2010をJIS A 5363:2016に、JIS A 5364:2010をJIS A 5364:2016に、JIS A 5365:2010をJIS A 5365:2016に、JIS A 5371:2010をJIS A 5371:2016に、JIS A 5372:2010をJIS A 5372:2016に修正 引用規格の改正による
    「大型積みブロック」を「大形積みブロック」に修正 JIS規格との整合
    5)舗装用ブロック JIS A 5371:2010をJIS A 5371:2016に修正 引用規格の改正による
    別表5−1 石炭灰(クリンカアッシュ)を追加 新評価基準検討依頼による
    7)型枠材 合板の日本農林規格:2014を合板の日本農林規格:2016に修正 引用規格の改正による
    9)再生硬質塩化ビニル管 JIS K 6741:2007をJIS K 6741:2016に修正 引用規格の改定による
    10)木質ボード JIS A 5908:2003をJIS A 5908:2016に修正 引用規格の改定による
    12)再・未利用木材利用資材 JIS A 5741:2012をJIS A 5741:2016に修正 引用規格の改定による
    A内装材の品質・性能について、「表面仕上げの種類はB種」を削除 公共建築工事標準仕様書の改正による
    C木柵、屋外手すりの品質・性能について、「日本農林規格」を「製材の日本農林規格:2013」に修正 引用規格の明確化
    13)建設汚泥改良土 JIS K 0102:2013をJIS K 0102:2016に修正 引用規格の改定による
    17)再生材利用土木用シート 「河川護岸用吸出しシート評価書」を「河川護岸用吸出し防止シート」に修正 誤記の訂正
    18)土木建築用ゴム資材 車止めについて、「曲げ強度6.5kN以上」を「曲げ耐力0.84kN・m以上」に、JIS A 5371:2010をJIS A 5371:2016に修正 引用規格(試験方法)の改正による
    20)土壌改良材 JIS K 0102:2013をJIS K 0102:2016に修正 引用規格の改正による
    21)土木建築用プラスチック資材 B道路標識板およびガードレール保護材の品質・性能について、JIS K 7171:2008をJIS K 7171:2016に修正 引用規格の改正による
    C車止めの品質・性能について、「曲げ強度6.5kN以上」を「曲げ耐力0.84kN・m以上」に、 JIS A 5371:2010をJIS A 5371:2016に修正 引用規格(試験方法)の改正による
    D断熱材の品質・性能についてJIS A 1412:1999をJIS A 1412-1:2016、JIS A 1412-2:1999、JIS A 1412-3:1999に修正 引用規格の改正による
    Fケーブルトラフの品質・性能について、JIS A 5372:2010をJIS A 5372:2016に修正 引用規格の改正による
    J袋形根固め工法用袋材の品質・性能について、「指定試験所の品質性能の認定」を「建設技術審査証明又は指定試験所での品質性能証明」に修正 語句の修正
    22)断面修復材 構造物施工管理要領(H27.7)を構造物施工管理要領(H28.8)に修正 引用規格の改正による
    23)再生路床材 JIS K 0102:2013をJIS K 0102:2016に修正 引用規格の改正による
    24)レジンコンクリート製品 JSWAS K-12:2001をJSWAS K-12 2016に、JIS A 5011-2:2003をJIS A 5011-2:2016に、JIS A 5011-3:2003をJIS A 5011-3:2016に、JIS A 5031:2010をJIS A 5031:2016に、JIS A 5364:2010をJIS A 5364:2016に修正 引用規格の改正による
    25)再生材利用路面標示用資材 JIS K 5665:2011をJIS K 5665:2016に修正 引用規格の改正による
    26)再生ガラス発泡材 別表26−1の@について、「技術審査証明」を「建設技術審査証明」に修正 誤記の訂正、他基準との整合
    別表26−1のAについて、「評価情報等により」を追記 有効性の確認方法を明確化
    27)再生割ぐり石 JIS A 5006:2011をJIS A 5006:1995に、JIS K 0102:2013をJIS K 0102:2016に修正 誤記の訂正

  2. 改正年月日

     平成29年3月31日


  3. その他

    愛知県リサイクル資材評価基準のページ
    (参考)愛知県リサイクル資材評価基準新旧対照表(改正部分抜粋) 【 PDF : 270 KB 】
 


あいくるのページへもどる

 

GetAdobeReader.gif

  PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader が必要です。
  同ソフトがインストールされていない場合には、
  Adobe 社のサイトからダウンロード(無償)して下さい。