Ai県マガジン

WebマガジンTOP
bQ9メニュー 県政ピックアップ Aiレポート Ai県トピックス 県広報番組 Ai犬のつぶやき

あいちの特産品

ウズラの卵(豊橋市など
ウズラ(成鳥)
ウズラ(成鳥) 
  愛知県のウズラ飼育の歴史は長く、豊橋を中心とした東三河地区で、大正10年頃からウズラの飼育が盛んとなり、卵や食肉の生産を行っています。
 現在では全国1位の飼育羽数、生産量を誇り、卵のシェアでは、およそ64%を占めています。

 ウズラの卵は小粒ですが、鶏卵に負けない程の栄養価があります。同重量であれば、ビタミンB1、B2、鉄分などは倍以上含有されています。また、ビタミンA、カルシウムなども鶏卵よりも多く含まれています。

ウズラの卵
ウズラの卵

 暑い時期になると、のどごしの良いそうめんやざるそばを食べる機会が多くなると思いますが、めんつゆにウズラ卵を落として、栄養価をアップして、夏バテを予防しましょう。

 
◎ウズラの豆知識
○ウズラ卵の殻の模様は、人間で言うところの指紋と同じで各個体に固有のもので、一羽の親鳥が
 産む卵はすべて同じ模様です。

○鶏の卵は体重の1/30程度、ウズラの卵は体重の1/12程度の重さで、ウズラは鶏と比較して、
 体の割に大きな卵を産みます。

○本年8月5日に、ウズラ卵生産者が知事を訪問し、鳥インフルエンザからの復活に取り組んでいる
 産地の状況を報告し、ウズラ卵かけご飯などを味わいました。

○平成21年度の大相撲名古屋場所において、愛知県知事賞の副賞として、優勝した白鳳関に「ウズ
 ラ卵の水煮50,000個」が贈呈されました。

○豊橋地区で現在売り出し中の「豊橋カレーうどん」を名乗るためには、「豊橋産のウズラ卵を具に
 使用すること」が条件の一つになっています。

生産者の知事訪問   豊橋カレーうどん
生産者が知事を訪問      「豊橋カレーうどん」の基本要素 


(C)2009 Aichi Prefecture All Rights Reserved.