Ai県マガジン

WebマガジンTOP
bR1メニュー Aiレポート Ai県トピックス 愛知県広報番組 あいちの特産品 Ai犬のつぶやき


県政ピックアップ

愛知県営水道 〜私たちの暮らしを支えて50周年〜
リポーター:カレン


カッパ君
「あいちの水道」イメージ
キャラクター「カッパ君」
 
 今年は年初から地震・津波・台風と、日本各地でさまざまな自然災害に見舞われています。緊急時の
ガイドラインや避難場所を改めて再確認したり、非常時のライフラインを個人レベルでどうやって確保
するか検討したり、私も色々考えさせられました。
 ライフラインの一つに水道がありますが、私は普段水道水を飲用しているため、いざという時に水道が
出ないととても困ってしまいます。
 この水道ですが、実は市町村営水道と愛知県営水道とがあることをご存知でしたか?
 私はつい先日知りました(苦笑)。私たちが生活していく中では、直接的には市町村の水道事業しか
ほとんど関わりがありませんが、県営水道の果たす役割はかなり重要なようです。
 今年県営水道は設立50周年にあたるということで、企業庁水道計画課主任の岩城さんにお話を伺い
ました。
 
Q1
カレン
   県営水道と市町の水道事業との違いは何ですか?
     
A1
岩城さん
   市町の水道では、みなさまの家庭などに直接、水を届ける『水道事業』(=水の小売業)を行っています。
 これに対して、県営水道は、県民の皆様に直接、水を届けているのではなく、市町に対してきれいにした水を
お届けする『水道用水供給事業』(=水の卸売業)を行っています。
     
Q2
カレン
   愛知県は尾張、西三河、東三河と広いですが、それぞれの地域の水源はどこにあるのですか?
     
A2
岩城さん
 
水源の様子
 水源の様子(豊川水系)
愛知県内にはダムに適した場所が少ないため、水源の多くを遠く県外に
求めています。
 具体的には、尾張地域は岩屋ダム、愛知用水地域(主に東部丘陵部)は
牧尾ダム、阿木川ダム、味噌川ダム、知多半島地域は長良川、西三河
地域は矢作ダム、東三河地域は宇連ダム等が水源となっております。
     
Q3
カレン
   かつては溜池に水源の多くを依存していた知多半島が愛知県内有数の農業地になる原動力となった愛知用水
が知多半島に引かれたのも50年前だと聞いていますが、その愛知用水はどのような用途に利用されているの
ですか?
     
 A3
岩城さん
   愛知用水は、農業用水だけではなく、水道用水や工業用水にも使われており、尾張丘陵部から知多半島(水道
用水は知多半島地域除く)にかけての一帯に、農業用水・水道用水・工業用水の水を供給するものです。
     
Q4
カレン
   最近の異常気象は予測不可能でありますが、県営水道の水源計画はどのようなものになっているのですか?
     
A4
岩城さん
 
宇連ダム
 宇連ダム(新城市)
 県営水道では、これまで都市化の進展などに伴う水需要の増加に対応
するために、ダムの開発計画に参画して水資源を確保してきました。
 しかしながら、近年は地球規模の気候変動の影響から、少雨化傾向など
雨の降り方も変わってきています。
 県営水道では、こうした雨が少ない年でも安定して水を供給できるよう
新たに水源を確保し、将来にわたり水道水の安定供給ができるよう努めて
います。
     
Q5
カレン
   先日の台風被害からも、市町村にとっての水源管理はとても重要なことだと身にしみて感じました。
 愛知県が確保している水源地においては、どのような取り組みが行われているのですか。
     
A5
岩城さん
   愛知県が水源を確保している水源地の多くは、森林に覆われており、水源林と呼ばれています。
 水源林には、@水を貯える、A水をきれいにする、B洪水を防ぐ、という3つの機能があります。
 県営水道の各水源流域においては、林業の不振、担い手の不足などの問題から森林の手入れが行き届かなく
なり、水源林が本来持つ水を蓄える力が低下してきています。
 このため、水資源を安定して確保するため、上流域の森林を整備・保全して、水源林の能力を高める取組が
行われています。
     
Q6
カレン
   今年は震災等の影響で、皆が無駄をなくそうと色々な面で努力している年だと思います。
 水道の無駄を省くため、私も日ごろから、お風呂の残り湯を使って打ち水をしたり、水道を出しっぱなしにせずに
蛇口をこまめに閉めたり、と気を使っているつもりです。
 更に、節水をするためのポイントがあれば教えて下さい。
     
A6
岩城さん
   次のようなことを心がけていただくと、さらに節水できます。
 @お風呂の残り湯を洗濯や掃除などに再利用する。
 A洗濯をするときは、ためすすぎをする。
 Bホースで流し洗いせず、バケツに水をくんで洗車する。
 C蛇口に節水コマを取り付けたり、節水型の洗濯機や便器を使用する。
 D食器を洗うときは、油などの汚れは紙や布で落としてから水洗いをする。
     
 Q7
カレン
   今年は県営水道の営業開始50周年ということですが、何か県ではイベントを計画されていますか?
 また、一番のお勧めポイントはなんでしょうか?
     
A7
岩城さん 
 
ふれ愛フェスタ ポスター
 広く県民の皆様方に水道についての理解と関心を深めていただけるイベント
として、11月5日(土)、6日(日)に長久手町にある愛・地球博記念公園内の
地球市民交流センターで「あいちの水道 ふれ愛フェスタ」というイベントを企画
しています。
 5日にはオープニングセレモニー、東京海洋大学客員准教授でお魚らいふ・
コーディネーターでもある「さかなクン」による講演会や水をテーマにしたオリジ
ナルストーリーのキャラクターショー、6日には、実験ショーや「あいちの水道」
なるほど教室など、子供からご年配の方まで見て、聞いて、触って、感じて
もらう参加・体験型の企画を数多く用意しています。
 また、そのほかにも県企業庁や市町等水道事業者が行った東日本大震災
の救援活動の紹介などのパネル展示や起震車体験や給水車展示、工作教室なども行っています。
     
Q8
カレン 
   「ふれ愛フェスタ」ではどういうことを県民の皆さんに伝えたいですか?
     
A8
岩城さん 
   見て、聞いて、触って、飲んで、そして感じてもらえる参加・体験型の企画を通じて、県民の皆様に「水の大切さ」
や普段、何気なく使っている「水道のすばらしさ」について広くPRしていきたいと考えています。
     
 Q9
カレン
   県営水道は市町に水道水を送っているということですが、水を送るにあたって一番気をつけていることは何で
しょうか?
     
A9
岩城さん 
   皆様にいつでも安心して水道を使っていただける水を送ることができるよう浄水処理を行っています。おいしく
水道水を飲んでいただくため、残留塩素の濃度には特に気をつけて水を送っています。
     
 Q10
カレン
   私も水道水を普段から飲んでいますが、「特に意識しなくても、安心して水道水を飲める」ということ自体が、こう
した水道事業に関わる方々のおかげなんだと実感します。
 最後に県民の方々へメッセージをお願いします。
     
A10
岩城さん 
 
キャッチコピー ポスター
 県営水道は今年で給水開始50周年を迎えることができました。これまで
の50年間は、県民のみなさまにいつでも安心して使っていただけるよう、
県営水道は市町の水道事業者と連携して水道水を送り届けてきました。
 これから50年、100年先もみなさなに安心して飲んでいただける水道水
を送り届ける決意として、県では次のキャッチコピーを掲げております。

 〜「これからも変わらぬ安心届けます」〜
     

カレン
   ありがとうございます。分りやすく説明して頂き、大変勉強になりました!
 今回の取材を通して、私たちが安心して飲める水は県と市町村での努力の賜物だと実感しました。
 ゲリラ豪雨であったり水不足であったり、と私たちを取り巻く気象環境は近年大きく変化してきています。
 そんな厳しい環境ではありますが、今後も安定して、安心できる水道水の供給をお願いしたいと思いました。
                                         ▼お問合せ 愛知県企業庁水道計画課
                                            052−954−6680
                                                 (ダイヤルイン)    


(C)2009 Aichi Prefecture All Rights Reserved.