Ai県マガジン

WebマガジンTOP
bR2メニュー 県政ピックアップ
Aiレポート 愛知県広報番組 あいちの特産品 Ai犬のつぶやき

Ai県トピックス

県からのお知らせ 県内各地情報
・春秋叙勲候補者の一般推薦制度

一宮市
・(事業主の皆様へ)個人住民税の特別徴収推進について

犬山市
・「あいちITSワールド2011」開催

小牧市
・人権週間(12月4日〜12月10日)及び
 愛知県の人権啓発広報について
稲沢市
・「消費生活相談サポーター養成講座の受講者を
 募集します
 東海市
・若手アーティストによる制作・展示の開催(春日井市)
  「高木正勝inあゆち」
尾張旭市
・第16回アートフィルム・フェスティバル

田原市
・愛知県美術館 「生誕100年 ジャクソン・ポロック展」

清須市
・陶磁資料館 テーマ展示「モダンヨーロッパの名作食器
 セット〜マイセン、ロイヤル・コペンハーゲンを中心に〜」
北名古屋市
・エイズキャンペーン2011

東郷町
・医療安全推進週間について

設楽町
・愛知こどもの国「こども汽車でクイズ」


 
・海南こどもの国「クリスマスツリーをつくろう」他


・あいち健康プラザ 土曜おもしろ科学館
 「からだおもしろゼミナール」

・インフルエンザの予防接種について


・子ども手当の申請にあたってご注意ください


・「次世代自動車シンポジウム・ニューモビリティ
 博覧会2011(クルマ未来博2011)」の開催

・第3回エム・タス合同企業説明会の参加者募集


・ジビエ・グルメ・グランプリの開催


・名古屋競馬場秋まつりについて


・「愛知県民の森 秋まつり」


・平成23年度「わが家のリフォームコンクール」
 作品募集について

・愛知県子ども読書活動推進大会


・県民交流事業「ファミスポフェスタ」(スポーツ体験)

 

県からのお知らせ

 春秋叙勲候補者としてふさわしい方の推薦を受け付けています(一般推薦制度)。
 一般推薦制度は、人目に付きにくい分野において真に功労のある方や多数の分野で活躍し功労のある方などを春秋叙勲の候補者として把握するためのものです。
 推薦には以下のような一定の要件を満たす必要があります。主なものは以下のとおりですが、詳細はホームページ等でご確認ください。

○候補者にふさわしい方
 国家又は公共に対して功労のある方(概ね20年以上活動)で次の(1)又は(2)に該当する方
 (1)70歳以上の方
 (2)55歳以上の方で
   「精神的又は肉体的に著しく労苦の多い環境において業務に精励した方」、
   「人目に付きにくい分野で多年にわたり業務に精励した方」
 ※自分自身や二親等内の親族を推薦することはできません。

○推薦方法
 ◇推薦者1名、賛同者2名(ともに20歳以上)が必要です。
 ◇指定の様式の推薦書及び賛同書を下記担当窓口まで郵送してください。
   (常時受付しています。)

▼ホームページ http://www8.cao.go.jp/shokun/ippansuisen.html(内閣府賞勲局)

▼お問合せ
  内閣府賞勲局総務課一般推薦担当
  住所 〒100−8914 東京都千代田区永田町一丁目6−1 
  電話 03−5253−2111(内線83244)


 所得税の源泉徴収義務のある事業主の方は、地方税法及び各市町村の条例により、
原則として、給与の支払いをする際、個人住民税(個人県民税+個人市町村民税)を特別徴収
(天引き)し、従業員の方の住所地の市町村に納入していただくことになっています。
 まだ、特別徴収を実施されていない事業主の方は、従業員の方の住所地の市町村(住民税
担当)へお尋ねください。

▼ホームページ http://www.pref.aichi.jp/0000027215.html

▼お問合せ
  愛知県税務課
  電話 052−954−6050(ダイヤルイン)
  愛知県市町村課
  電話 052−954−6068(ダイヤルイン)


 カーナビやETCに代表されるITS(高度道路交通システム)の一層の普及を目指して「あいちITS
ワールド2011」を開催します。
 今回は、元F1レーサーの中嶋悟氏のトークショーやお子様(小学4年生から6年生)を対象にした
体験教室などのプログラムを予定しており、その参加者を募集します。
(プログラム参加者は、同時開催の名古屋モーターショーにも無料で入場できます。)
ITSワールド2011

○日時 12月22日(木)〜12月25日(日)
      9:00〜18:00(22日のみ10:00〜)

○場所 ポートメッセなごや(名古屋モーターショー会場内)

○主な内容
 ◇フロア展示(最先端のITS技術の展示・体験、県内大学の研究
          成果の展示・発表など)

 ◇ステージイベント(特別講演、トークショー:事前申込みが必要)

 ◇こどもエンジニア(5教室:各回定員20名(保護者同伴のこと)、
                  事前申込みが必要)

○申込方法
  12月9日(金)までに、参加したいプログラム、住所、氏名、
  電話番号、メールアドレスなどを記入し、FAX、Eメール、郵送で
  下記にお申込みください。

   「あいちITSワールド2011」参加申込事務局
   住所 〒460−0002
       名古屋市中区丸の内三丁目16−19 三弘ビル4階(有限会社ノーアウト内)
   FAX 052−957−2137
   Eメール its2011@no-out.co.jp

○入場料(名古屋モーターショーの入場料を含みます。)
   大人  1,500円(前売1,200円)
   子ども   700円(前売  500円)

▼ホームページ http://www.chukei-news.co.jp/itsworld2011/

▼お問合せ
  愛知県交通対策課
  電話 052−954−6125(ダイヤルイン)


 1948年12月10日の国際連合第3回総会において「世界人権宣言」が採択されたことを記念
して、人権尊重思想の普及高揚を図るため、12月4日〜10日が「人権週間」として定められて
います。

 愛知県では人権週間にちなみ、県民の皆様に人権の大切さについて考えていただくための啓発
事業を行います。
人権週間

 平成23年度の愛知県の人権週間広報は、「自分では気づいて
いなかった。そんなに苦しめていたなんて。」がメインテーマです。

 人権に対する気づきや、理解を深めていだくきっかけとなるよう
ポスター掲示、ラジオCM放送、新聞広告掲載などにより啓発を
行います。

○ラジオCM
  12月4日(日)〜12月10日(土)
  ・CBCラジオ、東海ラジオ、FM愛知、ZIP―FMで
                    20秒スポットCMの放送

○新聞広告
  12月4日(日)
  ・中日、朝日、毎日、読売の朝刊に掲載

○電車内中つり広告
  名鉄(12月2日(金)〜12月8日(木))、JR(12月3日(土)〜12月9日(金))
  ・車内にて中吊り広告を掲示

▼ホームページ http://www.pref.aichi.jp/jinken

▼お問合せ
  愛知県人権推進室
  電話 052−954−6167(ダイヤルイン)


 高齢者を消費者被害から守るため、地域で高齢者の見守り活動等を行っていただくボランティア
「消費生活相談サポーター」の養成講座を実施します。

○日時 平成24年2月上中旬の午後(4時間程度)
     (詳細はホームページの募集要領をご参照ください。以下同様。)

○場所 名古屋、岡崎、豊橋の3会場で8回実施

○募集人員 300名程度(各回40名程度)

○受講料 無料

○講座内容 @ 高齢者を狙った悪質商法の手口とその対策
         A 関係法令などの講義

○対象者 次の条件を満たす方
       @ 高齢者と接する機会の多い福祉関係団体職員(ケアマネージャー、ヘルパー、
          民生委員)や老人クラブ役員及び自治会役員、その他消費者問題・高齢者問題
          に関心のある一般県民
       A 愛知県内に在住の方
       B 地域で見守り活動を行う意欲のある方

○応募方法 @ 福祉関係団体職員、老人クラブ・自治会役員の方
          募集要領の応募フォームに必要事項を記載の上、お住まい又は勤務地の市町村
          担当課(福祉行政・地域行政・消費者行政)を通じて申し込んでください。
         A 個人で参加する一般の方
          ア 募集要領の応募フォームに必要事項を記載の上、FAX送信
          イ 募集案内ホームページにアクセスし、ウェブ応募フォームに必要事項を
            入力し送信

○募集要領は、下記のホームページから入手できます。

▼お問合せ  
  愛知県県民生活課
  電話 052−954−6165(ダイヤルイン)


 若手芸術家による現代美術作品の制作・展示を実施します。
 併せて、子どもたちがアートを楽しみながら作品制作に参加できるプログラムもあります。
 映像作家・音楽家として国際的に注目を集める高木正勝が、昼夜で変化する映像作品を展開
します。

○期間 12月3日(土)〜12月25日(日)
      ◇DAYプログラム]   10:00〜日没(17:00頃)
      ◇NIGHTプログラム] 日没〜21:00

○場所 春日井市 文化フォーラム春日井・交流アトリウム

○主な内容
 ◇すたじお
  “すたじお”ではみなさんの絵とうたを集めます。
  集められた絵とうたは“うたづくり”で発表します。

  ・日時 12月3日(土)、4日(日)、9日(金)、10日(土)、11日(日)、16日(金)、17日(土)
       13:00〜日没

  ・場所 文化フォーラム春日井・交流アトリウム

  ・参加 無料、申込は不要

 ◇うたづくり
  “すたじお”で集めた絵と声をつむいで、うたづくりをします。高木正勝氏と一緒に絵に囲まれた
 へやで歌ってみましょう。

  ・日時 12月24日(土)、25日(日) 14:00〜16:00

  ・場所 文化フォーラム春日井・交流アトリウム

  ・定員 15名

  ・参加 無料、事前申込

▼お問合せ
 あいちトリエンナーレ地域展開事業実行委員会(愛知県文化芸術課内)
 電話 052−954−6183(ダイヤルイン)
 ホームページ http://aichi-art.com/


 映像の表現の新たな可能性を切り拓く作品を、横断的な視点で取り上げる特集上映会です。
 既存の実験映画の枠を超えた活動で注目される、映像作家・牧野貴が手掛けた、愛知芸術文化
センター・オリジナル映像作品最新第20弾「generator」の初公開などを行います。

牧野貴「generator」
 牧野 貴《generator》
(2011年、愛知芸術文化センター
・オリジナル映像作品第20弾)
○日時 11月22日(火)〜12月4日(日)
      (11月28日(月)休館)

○場所 愛知芸術文化センター 12階 アートスペースA

▼お問合せ
  愛知県文化情報センター
  電話 052−971−5511(代表)
  ホームページ http://www-art.aac.pref.aichi.jp/


 本展は、ポロックの生誕100年を記念して開催する日本初の回顧展です。
 ニューヨーク近代美術館、メトロポリタン美術館を始め、世界の名立たる美術館からポロックの
重要な作品が集められ、初期から晩期に至るまでのポロックの仕事の全貌を紹介します。質量
ともに、今後日本で二度と実施できないような内容です。
 さらに、制作中のポロックを捉えた貴重な映像や写真、ポロックのアトリエの原寸大モデルや彼が
使用していた特殊な画材なども併せて展示し、ポロックの制作の秘密に迫ります。
 このような本格的なポロックの個展は世界的に見ても珍しく、本展はジャクソン・ポロックという
20世紀の伝説的画家の偉業を振り返る絶好の機会となります。

○期間 11月11日(金)〜1月22日(日)
      10:00〜18:00(金曜日は〜20:00)
ジャクソン・ポロック「インディアンレッドの地の壁画」
 《インディアンレッドの地の壁画》 1950年
テヘラン現代美術館
Tehran Museum of Contemporary Art

○場所 愛知県美術館 (愛知芸術文化センター10階)

○休館日 毎週月曜(ただし、1月9日(祝)は開館)
       12月28日(水)〜1月2日(月)
                     及び1月10日(火)

○入場料 一般     1,400円 (1,200円)
        高・大学生  1,000円 (800円)
       中学生以下    無料
             ※( )内は20名以上の団体料金

▼ホームページ http://pollock100.com


▼お問合せ
 愛知県美術館
  電話 052−971−5511(代)


 ヨーロッパの食器―それは同じ文様の器でテーブルを統一するセット(一式)の世界です。
 食器の素材には、陶磁器製のみではなく、ガラス製、木製、また銀・錫・ステンレスなどの金属製、
更にプラスチック製などがあります。
 こうした様々な素材の食器は、国や時代ごとの流行、食生活の変化、素材加工技術の向上を
背景に、文様や形状を変化させてきました。
 このテーマ展示では、特に20世紀の工場生産の中で生み出された陶磁器製の名作食器セットの
数々を、器形に見る機能性と文様装飾の面白さという観点からご紹介します。
ロイヤル・コペンハーゲン
 ブルーフルーテッドフルレース ロイヤル・コペンハーゲン
デンマーク 1775年〜現在

○期間 12月18日(日)まで
      9:30〜16:30(入館は〜16:00)

○場所 愛知県陶磁資料館
           本館1階 特別展示室

○休館日 毎週月曜

○観覧料 企画展「マイセン西洋磁器の誕生」
       のチケットで観覧いただけます。

      一般     500(400)円
      高大学生  400(320)円
      中学生以下      無料
      ※( )内は団体(20名以上)割引料金

▼問合せ先
  愛知県陶磁資料館
  電話 0561−84−7474(代)
  ホームページ http://www.pref.aichi.jp/touji/


 毎年12月1日は世界エイズデーです。愛知県では世界エイズデーを含む1週間を「エイズ予防
強化週間」と位置づけ、エイズに関する知識の普及啓発、エイズ患者及びHIV(ヒト免疫不全
ウィルス)感染者への偏見・差別撤廃を目的としたキャンペーンを実施します。
 エイズデーを契機として、エイズへの理解を深めましょう。
エイズキャンペーン
昨年度の様子

○期間 11月25日(金)〜12月1日(木)

○関連イベント
 ◇エイズキャンペーン2011
 ・日時 11月26日(土) 10:00〜18:00

 ・場所  mozoワンダーシティ(名古屋市西区)
       4階 イベントスペース

 ・内容 ・エイズ予防強化週間ポスター入選作品展示
      ・エイズ予防啓発パネルの展示
      ・ピアっ子あいち活動紹介(相談スペースにて、
      性教育におけるピアカウンセリングの勉強をしている大学生が様々な性の相談に
      応じます。)
      ・キルト展(エイズに対する差別や偏見をなくす気持ちをこめて製作したキルトを
      展示します。)

▼ホームページ
  http://www.pref.aichi.jp/kenkotaisaku/aids/aichi_action/campaign/campaign.html

▼お問合せ
  愛知県健康対策課
  電話 052−954−6626(ダイヤルイン)


 11月20日(日)〜26日(土)は「医療安全推進週間」です。これは、医療安全対策に関し、医療
関係者の意識向上、医療機関や医療関係団体における組織的取組の促進を図るとともに、国民
の皆様に取組への理解や認識を深めていただくことを目的としています。

医療安全推進週間
 愛知県では、中立的な立場で医療機関に関する相談に応じる
窓口として「医療安全支援センター」を設置しています。

○医療安全支援センター
 ◇設置場所 愛知県医務国保課内

 ◇受付時間 毎週月曜日〜金曜日(祝日、年末年始を除く)
          9:00〜12:00、13:00〜17:00

 ◇相談方法 電話及び面談(予約制)
          連絡先 052−954−6311(ダイヤルイン)

▼ホームページ http://www.pref.aichi.jp/0000024491.html

▼お問合せ
  愛知県医療安全支援センター(愛知県医務国保課内)
  電話 052−954−6311(ダイヤルイン)


 愛知こどもの国の人気アトラクション「こども汽車」に乗車したお子様にクイズカードを渡します。
クイズに正解すると、景品をプレゼントします。
こども汽車 
こども汽車 

○日時 11月19日(土)〜11月30日(水) (休業日を除く)
      10:00〜16:30

○対象 中学生以下

○参加料 こども汽車の乗車料金(高校生以上200円、
       小中学生100円)が必要です。

▼お問合せ
  愛知こどもの国
  電話 0563−62−4151
  ホームページ http://www3.ocn.ne.jp/~a-kodomo/


 海南こどもの国では、クリスマスに関連した色々な工作を用意しています。

クリスマスツリー
 クリスマスツリー(完成例)
○クリスマスキャンドルをつくろう
  クリスマスにちなんだオリジナルキャンドルを作ります。
  ◇日時 12月3日(土)、4日(日) 10:30〜15:00

  ◇場所 多目的ホール

  ◇対象 幼児・児童とその保護者

  ◇定員 各日50名(当日受付)

  ◇参加費 300円

○クリスマスツリーをつくろう
  大きな銀色の松ぼっくりにビーズ等を飾り付けて、みんなで大きなオリジナルクリスマスツリーを
  作ります。
  ◇日時 12月11日(日) 10:30〜15:00

  ◇場所 多目的ホール

  ◇対象 幼児・児童とその保護者

  ◇定員 100名(当日受付)

  ◇参加費 200円

▼お問合せ
  海南こどもの国
  電話 0567−52−1515(ダイヤルイン)
  ホームページ http://www6.ocn.ne.jp/~k-kodomo/


 自分たちの体の法則にはどのようなものがあるのかな?からだの不思議を調べてみよう。

からだおもしろゼミナール
過去開催時の様子 
○日時 11月26日(土) 10:00〜11:30

○場所 あいち健康プラザ健康科学館 健康学習室
      知多郡東浦町大字森岡字源吾山1−1

○定員 小中学生40名(要予約、先着順)

○申込方法 電話又は健康科学館受付まで

○参加費 無料

▼お問合せ
  あいち健康プラザ 健康科学館
  電話 0562−82−0211(代)
  ホームページ http://www.ahv.pref.aichi.jp/


 インフルエンザは毎年11月下旬から12月頃に流行の兆候が出始め、1月から3月にかけて
流行します。
 感染予防対策としてはワクチン接種が有効です。流行する前に予防接種を受けるなど、早めの
インフルエンザ対策を取られることをお勧めします。

○インフルエンザの特徴
 全身症状が見られることが特徴です。38℃以上の急な発熱や関節痛、筋肉痛などの症状が
現れた場合はインフルエンザに感染した可能性があります。

○ワクチン接種の効能
 発症をある程度抑える効果や周囲への感染拡大を抑える効果が期待できます。
 また、重症化を一定程度抑える効果も期待されるため、特に症状が重くなりやすい高齢者や
心臓・呼吸器・腎臓などの慢性疾患を持った方は接種を受けることをお勧めします。

○注意事項
 インフルエンザの場合は、前年に予防接種していても、翌年にはあまり効果がありませんので、
毎年接種してください。

▼お問合せ
  愛知県健康対策課
  電話 052−954−6272(ダイヤルイン)


 平成23年10月1日に「平成23年度における子ども手当の支給等に関する特別措置法」が施行
したことに伴い、10月分以降の子ども手当を受給するためには、これまで子ども手当を受け取ら
れていた方も含めて、すべての方が新たに申請をする必要があります
 なお、申請についての詳細は、お住まいの市区町村の子ども手当の窓口(公務員は勤務先)に
お問合せください。

○注意事項
 10月以降に他の市町村へ転出した方、お子さんが生まれた方、公務員になった(公務員でなく
なった)方は、転出した日(転出予定日)や出生日、公務員になった(公務員でなくなった)日などの
翌日から起算して、15日以内に申請が必要です。

▼ホームページ http://www.pref.aichi.jp/0000032629.html

▼問合せ先
  愛知県子育て支援課
  電話 052−954−6625(ダイヤルイン)


 愛知県の自動車産業が、今後も本県のモノづくり産業を牽引する基幹産業であり続けるためには、次世代自動車への転換の流れに対応していくことが必要とされています。
 県内中小企業者に新事業への取組や既存事業の新たな展開についてのヒントやチャンスを得ていただくことを目的として、「次世代自動車シンポジウム・ニューモビリティ博覧会2011(クルマ未来博2011)」を開催します。
クルマ未来博
クルマ未来博
 展示車両の一部

○日時 11月23日(水・祝) 10:00〜17:00  

○場所 愛・地球博記念公園(モリコロパーク)

○入場料 無料(工作教室は実費負担)

○主な内容
 ◇シンポジウム
 ・時間 13:00〜14:00(基調講演)
      14:20〜15:50(パネルディスカッション)

 ・場所 地球市民交流センター 体験学習室

 ・基調講演「次世代自動車と未来社会」
   講師 松本 優 氏(トヨタ自動車株式会社 技術企画統括部担当部長)

 ・パネルディスカッション「次世代モビリティ時代を読む」
   モデレーター 國本 桂史氏(名古屋市立大学大学院教授)
   パネラー   南原 竜樹 氏(オートトレーディングルフトジャパン株式会社 代表取締役)
            小倉 庸敬 氏(株式会社淀川製作所 代表取締役)
            御堀 直嗣 氏(モーター・ジャーナリスト)
            吉田 由美 氏(カーライフ・エッセイスト)

 ◇技術展示会
 ・時間 10:00〜17:00

 ・場所 地球市民交流センター 屋内広場

 ・主な内容 車体、内装、制御、駆動系など自動車を構成する部品、技術を展示し、自動車の
         構造が理解できるようにします。
         また、シンプルなEV車の組み立てデモンストレーションを行います。

 ◇博覧会(実車展示及び試乗会)
 ・時間 10:00〜17:00

 ・場所 愛・地球博記念公園内 大芝生広場及び敷地内道路

 ・主な内容 EV、パーソナルモビリティ、自律走行車など、各種次世代自動車を展示しています。
         来場者が体験できる試乗会(同乗型)も開催しています。

 ◇工作教室(ワークショップ)
 ・時間 @10:30〜12:30 A14:00〜16:00

 ・場所 地球市民交流センター 多目的室

 ・主な内容 企業、大学、自動車関連団体の職員が講師となり、小中学生を対象とした工作教室
         を開催します。自分の手で簡単なおもちゃやロボット等を工作してもらうことで、モノ
         づくりの楽しさが味わえます。

▼ホームページ http://www.pref.aichi.jp/0000045808.html

▼問合せ先
  愛知県地域産業課
  電話 052−954−6341(ダイヤルイン)


 愛知県では、平成24年3月卒業予定の大学生等及び40歳未満の若年求職者を対象に、
企業の魅力情報を発信する「シゴト発見マガジン」に掲載された企業25社が参加する、合同企業
説明会を開催します。当日は、無料カウンセリングや【企業の見つけ方講座】を同時開催します。
 なお、「シゴト発見マガジン」は県内の大学やヤング・ジョブ・あいち等で配布します。

※エム・タスとは、愛知県が実施している中小企業採用・定着支援プロジェクトの略称です。
エム・タス


○日時 11月30日(水) 13:00〜17:00  

○場所 愛知県産業労働センター(ウインクあいち)7階 展示場

○対象 平成24年3月に卒業予定の大学・短大・高等専門学校・
      専修学校・高等技術専門校の学生(卒業後おおむね3年
      以内の若年者を含む)及び40歳未満の若年求職者

○参加企業 25社 (※企業募集は終了しております。)

○入場料等 無料、入退場自由、事前予約不要 

▼ホームページ http://www.em-tas.com/

▼問合せ先
  愛知県就業促進課(あいち若者職業支援センター)
  電話 052−264−0667


 愛知県では、近年増加しつつある野生鳥獣による農作物被害に対処するため、被害防止対策の
強化とともに、捕獲活動の活性化の観点から、捕獲したイノシシやシカを地域資源として有効活用
する手段として、ジビエ(※)料理に注目しています。
 このたび、ジビエ料理をもっと知ってもらい、ジビエ需要を喚起するため「ジビエ・グルメ・
グランプリ」を開催することとしました。

 ※ジビエ(仏)とは…狩猟によって、食材として捕獲された野生の鳥獣、若しくはその肉

○日時 12月3日(土) 11:00〜16:30
      12月4日(日) 10:00〜15:30

○場所 道の駅「どんぐりの里 いなぶ」
      豊田市武節町針原4−1

○主な内容 県内の処理加工施設で解体処理されたイノシシやシカの肉を使用し、地元野菜など
        の地域特産品を1品以上加えたジビエ料理を調理して販売します。また、審査により
        グランプリと準グランプリを決定します。

▼ホームページ http://www.pref.aichi.jp/0000046610.html

▼お問合せ
  愛知県農業振興課
  電話 052−954−6406(ダイヤルイン)


 名古屋競馬場では、日頃のご愛顧への感謝の気持ちや、盲導犬育成事業に協力し、
「大型ラブちゃん募金箱」の設置を地元を始めとする多くの皆様に知っていただく機会として、
中部盲導犬協会の協賛で、家族や親子で楽しめるイベント「名古屋競馬場 秋まつり」を
開催いたします。

競馬場秋まつり
 競馬場秋まつり
 過去開催時の様子
○日時 11月19日(土) 10:30〜15:30頃

○会場 名古屋競馬場
      名古屋市港区泰明町1−1
    ※当日は、競馬の開催や場外発売はありません。

○内容
 ◇盲導犬普及促進イベント
  ・盲導犬訓練デモンストレーション
  ・盲導犬歩行体験

 ◇馬とのふれあいイベント
  ・ミニチュアホースとのふれあい
  ・サラブレッドの乗馬体験
  ・ばん馬とのふれあい、綱引き
  ・競馬場コースの解放

 ◇ お子様向け遊具の設置
  ・ボールプール、ストラックアウト、キックザナイン

 ◇コンサート等
  ・地元中学生によるブラスバンド演奏
   (名古屋市立港北中学校吹奏楽部)
  ・地元大学生によるアカペラコンサート
   (corona、桜キャラメル)
  ・地元アイドルユニットコンサート(OS☆U)
  ・地元鼓笛隊による演奏(名古屋ハートフル鼓笛隊)
  ・地元ゴスペルユニットによるコンサート(築地ボイスオブウェーブ)  など

▼問合せ先
  愛知県競馬組合
  電話 052−661−9793
  ホームページ http://www.nagoyakeiba.com/


 愛知県民の森では、紅葉の見ごろを迎える11月に「愛知県民の森秋まつり」を開催します。
 期間限定のお得な宿泊プランを始め、描いたり、聞いたり、歩いたりと様々な楽しいイベントを
ご用意して、秋を満喫していただけます。

県民の森 歩け歩け
 過去開催時の様子
○日時 11月1日(火)〜30日(水)

○場所 愛知県民の森
      新城市門谷字鳳来寺7−60

○主なイベント
 ◇県民の森写生大会
 ・期間 11月1日(火)〜30日(水)

 ・受付場所 モリトピア愛知 受付
        (専用の画用紙を配布します)
 ・対象 幼児、小中学生
 ・参加費 無料
 ・提出期限 11月30日(水)

 ◇森のコンサート(リコーダーコンサート)
 ・日時 11月19日(土) 13:30〜
 ・受付場所 森の展示館
 ・参加費 無料

 ◇秋の県民の森 歩け歩け
 ・日時 11月20日(日) 10:00スタート
 ・受付場所 森の展示館横
 ・定員 30名(3日前までに要予約)
 ・参加費 無料

▼ホームページ http://www6.ocn.ne.jp/~kenmin/

▼問合せ先
  愛知県林務課
  電話 052−954−6446(ダイヤルイン)


 愛知県などで構成する「愛知ゆとりある住まい推進協議会」では、住宅リフォームの普及と
リフォーム工事の水準の向上を進めるため、平成23年度「わが家のリフォームコンクール」を
開催します。このコンクールは平成13年度に始まり、今回で11回目となります。
 つきましては、以下の内容でリフォーム工事の事例を募集します。これからリフォームを考えて
いる方の参考となるような素晴らしいリフォーム工事の事例をお待ちしています。

○対象 愛知県内で、平成21年2月〜24年1月の間に工事の完了した住宅のリフォーム(増築・
      改築・模様替えなど居住環境の改善のために行った工事)

○応募資格 住宅のリフォーム工事の設計者、施工者又は建築主(連名も可)
         ただし、設計者・施工者が応募する場合は、作品の内容及び入賞した場合の一般
         公開について建築主の了解が必要です。

○応募方法 タイトル、リフォームのテーマと概要、特に工夫したポイント等、図面、写真、データを
         A3用紙2枚にまとめ、応募申込書に必要事項を明記して、作品に同封のうえ
         送付してください。応募申込書は、市町村、県民プラザ等にある応募要項について
         います。
         なお、応募作品は返却されず、協議会の判断により展示及び雑誌掲載等に利用
         されます。その際、応募作品、タイトル、所在地(市町村名)、応募者氏名等は公表
         されますのでご了承ください。

○応募期間 11月15日(月)〜 平成24年1月14日(金)

○応募先 愛知ゆとりある住まい推進協議会事務局
       住所 〒460−0008
           名古屋市中区栄四丁目3−26 昭和ビル2階
           財団法人 愛知県建築住宅センター内
       電話 052−264−4022

▼お問合せ
  愛知県住宅計画課
  電話 052−954−6568(ダイヤルイン)


 テレビやインターネットなど、子どもを取り巻くメディアが多様化してきている現在、子どもの
読書活動を推進するために、県内の子ども読書活動に関わる団体、図書館・学校等の関係者、
子どもの読書活動に関心のある方に対する研修会を開催します。

子ども読書活動推進大会
 昨年度開催時の様子
○テーマ 「メディアの時代に本と出会う」

○日時 11月25日(金) 13:00〜16:50

○場所 愛知県図書館 5階 大会議室

○対象 読み聞かせグループ等の関係者
      図書館・学校関係者
      教育事務所・市町村教育委員会担当職員
      子どもの読書活動に関心のある方

○定員 150名(先着順)

○申込方法 参加申込書に必要事項を記入の上、FAXで申し込みしてください。

○参加費 無料

○内容
 ◇基調講演(13:10〜14:00)
  「イメージとことば〜戦争の表現から〜」
   講師:酒井   敏 氏(中京大学文学部教授(愛知県子ども読書活動推進協議会長))

 ◇事例発表(14:10〜15:10)
  「公立小中学校との連携」
   発表者:内藤 俊和 氏(一宮市立図書館事務局長)
  「小学校における百科事典紹介活動〜百科事典の使い方を伝える〜」
   発表者:石原 ゆみ 氏(図書ボランティア「ムーミン」代表)

 ◇フォーラム(15:20〜16:50)
  「多様なメディアと付き合う」
   助言者:酒井   敏 氏(中京大学文学部教授)
   提言者:浅野 俊和 氏(中部学院大学子ども学部准教授)
        佐藤 光弘 氏(愛知県書店商業組合理事長)
        冨田 賢史 氏(小牧市立小牧中学校教諭)

○その他 研修会に先立ち、子ども読書ボランティアの活動に携わっている方々の交流会
       (10:30〜12:00)を開催します。
        また、研修会終了後に、愛知県図書館職員による県図書館探検ツアー「図書館の裏側」
       (17:00〜17:30)も開催します。

▼ホームページ http://www.pref.aichi.jp/0000045252.html

▼問合せ先
 愛知県教育委員会生涯学習課
  電話 052−954−6781(ダイヤルイン)
  FAX 052−954−6962


 県民及び地域住民の方々の参加の下、地域と財団管理各施設などの交流の場を提供すると
 ともに、スポーツ体験等のイベントやワークショップの開催を通して、家族の絆を深める。

ファミスポフェスタ
 過去開催時の様子(キャッチボール)
○日程 平成24年1月9日(月・祝)

○場所 愛知県体育館

○参加費 無料

○申込 下記のスポーツ体験は、11月14日(月)〜
      12月9日(金)の期間内に、所定の申込用紙に
      必要事項を記入し、郵送又はファックスで申し込み
      してください。
      下記のスポーツ体験以外は申込み不要です。

○内容
 ◇フットサル(10:00〜12:00)
 ・対象 小学生チーム
 ・内容 名古屋オーシャンズによる指導
 ・定員 20チーム(1チーム10名) ※申込多数の場合は抽選
 ・その他 参加者全員に観戦チケットがもらえます。サイン会も実施します。

 ◇健康ウォーキング(10:30〜11:30受付)
 ・対象 一般県民
 ・内容 所定のコース(4q)をウォーキング。
 ・定員 なし
 ・その他 申込先着300名の方に万歩計をプレゼントします。

 ◇キャッチボール(14:00〜16:00)
 ・対象 一般県民(2名1組)
 ・内容 中日ドラゴンズOBによる指導
 ・定員 150組300名 ※先着順

▼お問合せ
 公益財団法人 愛知県教育・スポーツ振興財団スポーツ振興課
  電話 052−241−9101
  FAX 052−241−9103


県内各地情報
 今回は、「『秋』を満喫するイベント情報」をご紹介します。


 国登録有形文化財の尾西歴史民俗資料館別館(旧林家住宅)で、紅葉を見ながら琴などの
生演奏が楽しめます。

一宮市 もみじまつり
 昨年度の様子
○日時 11月26日(土)、27日(日) 10:00〜16:00

○場所 一宮市尾西歴史民俗資料館(旧林家住宅)

○主なイベント
 ◇常設コーナー
  お茶会(一服300円・〜15:00)、山野草展、
  特別展「江戸時代の旅」、ロビー展示「濃尾地震」 など

 ◇26日(土)
  西五城木遣り及び棒振り・起六斎ばやし(10:20〜)、
  フルート(11:00〜)、筝(そう)と尺八(11:30〜・14:15〜)、
  大正琴(12:40〜・15:05〜)、筝(13:20〜)、
  三味線と筝(14:00〜)

 ◇23日(日)
  オカリナ(1:00〜・15:10〜)、筝(10:20〜・10:40〜・11:30〜、14:10〜)、
  三味線(11:10〜)、和歌と吟詠と語り(12:50〜)、津軽三味線(13:50〜)

○交通アクセス 名鉄一宮駅から名鉄バス「起」行き「起」下車 徒歩5分

▼お問合せ
  一宮市尾西歴史民俗資料館
  電話 0586−62−9711


 「もみじでら」とも呼ばれる寂光院は、県下屈指の紅葉の名所です。約1,000本もあるもみじは、
巨木も多く、毎年多くの観光客の目を喜ばせています。
 また11月19日(土)、20日(日)、26日(土)、27日(日)には、観光されるみなさんの足として、
紅葉ルートバスが無料で運行します。

犬山市 寂光院もみじまつり
寂光院の紅葉
○見ごろ 毎年11月中旬から12月上旬頃

○場所 犬山市継鹿尾山内

○主なイベント 
 ◇もみじまつり 期間:11月12日(土)〜12月11日(日)

▼お問合せ
  犬山市観光案内所
  電話 0568−61−6000
  ホームページ http://www.inuyama.gr.jp/

  寂光院ホームページ  http://www.jakkoin.com/
  (見ごろ情報がみられます)


 春の桜、夏の青葉、秋の紅葉、そして雪の小牧山と四季折々の姿を見せ、私たちの憩いの場と
して親しまれている小牧市のシンボル「小牧山」。

小牧市 小牧山
 紅葉に囲まれた小牧城
 小牧山は、小牧市のほぼ中央、市街地の西に位置し、
標高85.9m、総面積約21haの小山で、尾張平野の中に
孤高しており、頂上からは平野を一望に見渡すことができる
眺望の地です。

 山頂には郷土の歴史を伝える小牧山歴史館があります。

▼お問合せ
  小牧市文化振興課
  電話 0568−76−1189


小牧市 2011いきいきこまき
 農業祭・生活展・環境フェア・消防フェアが「2011いきいきこまき」として同時開催されます。
 農産物の展示即売や料理人の森野熊八氏の講演会、起震車による地震体験、ごみの分別
ゲームなど盛りだくさんの内容です。ぜひお越しください。
小牧市 いきいきこまき

○日時 11月19日(土)、20日(日) 10:00〜15:00

○場所 小牧市民会館、小牧市公民館

○主なイベント
 ◇消防フェア
 ・主催 小牧市消防本部
 ・内容 【屋外】
      起震車による地震体験、ちびっ子レスキュー、
      防災ボランティアによる防災啓発コーナー、
      消火器体験 など
 ・注意事項 雨天時は中止

 ◇環境フェア
 ・主催 小牧市、こまき環境市民会議
 ・内容 【屋内】
      マイバッグ、分別ゲーム、森の工作、菜種しぼり体験、
      古紙リサイクルコーナー など
      【屋外】
      東邦ガスによる天然ガス自動車の展示とビンゴゲーム、BDFパッカー車の展示啓発、
      小牧市女性の会によるぜんざい販売

 ◇生活展
 ・主催 小牧市、小牧市みんなの生活展実行委員会
 ・内容 【屋内】
      消費団体パネル展示(安心と信頼の消費生活、ひまわり家の知恵あるくらし、
      菜の花から得るもの〜子どもたちの未来〜、自然とともに生きる エコ生活)、
      小牧おもちゃ病院トイトイコーナー、計量クイズ、いわざき授産所の製品販売、
      (19日のみ)講演会「もったいない」が食育の基本 講師:料理人 森野熊八
      【屋外】
      刃物研ぎコーナー

 ◇農業祭
 ・主催 小牧市農業祭実行委員会
 ・内容 【屋内)
      小牧市食育推進チームによる「朝食をしっかり食べよう!」、農産物の展示・即売、
      JA尾張中央女性部による柿ようかんと抹茶コーナー、
      (20日のみ)バザー
      【屋外】
      生産者直売コーナー(柿、野菜、鶏卵、鉢物等)、農産物総合品評会の表彰式、
      もちつき大会、はぜこの実演、寄せ植え体験 など

▼お問合せ
  小牧市農政課
  電話 0568−76−1131


 稲沢市祖父江町の町一帯が黄金色に染まる頃、イチョウ黄葉まつりを開催します。
 山崎銀杏セラピーウォーキングや特産品の販売のほか、土日祝日にはイチョウの木コースター
作りなど子どもから大人まで楽しめる祭りです。初日の19日には、祖父江町体育館でアニマル
トレインや歌謡ショーなどなど多彩な催しが行われます。
 商工会ホームページを確認の上、御来場ください。
稲沢市 そぶえイチョウ黄葉まつり
 写真コンテスト作品《戯れ》

○日時 11月19日(土)〜11月27日(日)

○場所 祖父江町体育館会場(19日のみ)、 山崎会場

○主なイベント
 ◇祖父江町体育館会場(19日のみ)
   オープニングセレモニー、あいち戦国姫隊、
   海賊戦隊ゴーカイジャーショー など
 ◇山崎会場
   銀杏試食コーナー など

▼お問合せ
  稲沢市祖父江町商工会
  電話 0587−97−5800


東海市 聚楽園もみじまつり
 昨年度の様子
 聚楽園公園では、11月21日(月)から12月4日(日)まで
「もみじまつり」を開催します。

 公園内には、イロハモミジやヤマモミジなど7種類大小約550本
が植えられていて、紅葉が秋の深まりを告げてくれます。

 11月27日(日)には、大人から子どもまで楽しめる各種の催し
(模擬店や即売会、文化協会による芸能発表など)を行います。
 ぜひ、お出かけください。

 なお、当日は公園駐車場が大変混雑します。公共交通機関を
ご利用ください。

▼お問合せ
  東海市観光協会事務局(鰍ワちづくり東海内)
  電話 0562―32―5149


 秋が深まるにつれ、徐々に進んでいくどうだん亭の紅葉。日当たりの良いところでは、燃える
ような赤が特徴の「どうだんつつじ」と「もみじ」の赤色が、庭園の「すぎごけ」の緑と相まって
すばらしいコントラストを織りなします。
尾張旭市 「どうだん亭」秋の一般公開
 どうだん亭の紅葉

○日時 11月12日(土)〜11月20日(日)

○場所 どうだん亭(尾張旭市霞ヶ丘町南298番地)

○主なイベント
 13日(日) 着付け・帯結びの実演
 19日(土)、20日(日) 呈茶(有料)

▼お問合せ
  尾張旭市文化スポーツ課
  電話 0561−53−1144


 11月中旬から下旬ごろに、約5,000本の木々が紅葉し、公園周辺の山々を染めます。
イロハモミジや低木のドウダンツツジなど、赤や黄色の紅葉が見事です。
田原市 滝頭公園
 滝頭公園の紅葉
 また、滝頭公園には、野球場、テニスコート、多目的広場
のほか、親水広場や巨大ゴリラのコンビネーション遊具など
もあり、家族連れで楽しめます。

○場所 滝頭公園(田原市田原町西滝頭6)

▼お問合せ
  渥美半島観光ビューロー
  電話 0531−23−3516
 滝頭公園管理事務所
  電話 0531−22−3936


清須市 芸能発表会
 昨年度開催時の様子
 清須市文化協会芸能部門所属の各クラブが一堂に会して、
2日間にわたり発表会を行います。
 皆さんお誘い合わせのうえ、ぜひお越しください。

○日時 12月3日(土)・4日(日) 午前10時〜午後5時ごろ

○場所 清洲市民センター ホール

▼お問合せ
  清須市文化協会事務局(生涯学習課(清洲市民センター内)]
  電話 052−409−6471
      ※月曜休館


 大正琴のコンサートとリズムに合わせて体を動かしましょう。

○日時 11月30日(水) 14:00〜15:00

○場所 陽だまりハウス(北名古屋市石橋角畑37番地)

▼お問合せ
  北名古屋市高齢福祉課
  電話 0568−22−1111(代)


 東郷町の秋の一大イベント「文化産業まつり」が今年も開かれます。今年は「あいち戦国姫隊」と
「海賊戦隊ゴーカイジャー」が登場。太鼓やダンス、金管バンド、バトンの発表、スタンプラリー、
屋台、農産物の直売コーナーなど見どころたっぷりの文化産業まつりに、みなさんぜひ足をお運び
ください。

東郷町 文化産業まつり
 昨年度開催時の様子
○日時 11月12日(土)、13日(日)

○場所 いこまい館(東郷町役場東隣)
      東郷町大字春木字西羽根穴2225−4

○主なイベント
 商工会スタンプラリー抽選会、東日本大震災復興支援
 物産展、小学校金管バンドや児童館バトンクラブなどの
 発表、はしご車試乗コーナー など

▼お問合せ
                         東郷町産業振興課
                         電話 0561−38−3111(内線2244)


設楽町 岩古谷山の紅葉
 岩古谷山の紅葉
 岩古谷山は全山奇岩に覆われており、秋には広葉樹が鮮やかに
色づき紅葉が楽しめます。
 岩古谷山は、尾根を縦走する東海自然歩道のほか、はしご、
くさり場などアドベンチャー的にも楽しめる登山道も整備されており、
比較的短時間で登れ、年間を通じ多くの愛好者が訪れる人気の
山です。

○見ごろ 11月上旬〜中旬

○場所 岩古谷山

▼お問合せ
  設楽町観光協会
  電話 0536−62−1000



(C)2009 Aichi Prefecture All Rights Reserved.