Ai県マガジン

WebマガジンTOP
bR3メニュー 県政ピックアップ Aiリポート Ai県トピックス 愛知県広報番組 Ai犬のつぶやき

あいちの特産品

名古屋コーチン
名古屋コーチン(つがい)
名古屋コーチン(成鳥・つがい)

 愛知県尾張地区では江戸後期から武士の内職として鶏を飼う
者が多くあり、明治維新後、禄を失った士族の転業として養鶏を
始める藩士が多くいました。その中の海部荘平・正秀兄弟が、
尾張の従来種と清国から輸入されたバフコーチンを交配して
生まれたのが「名古屋コーチン」です。

 その後も育種改良が行われ、明治38年には日本家禽協会
から国産実用品種第1号の鶏として正式に認定されました。

 昭和37年以降に外国産の種鶏が輸入されると、大量生産に
適した輸入種に押され、名古屋コーチンの飼育羽数は激減しましたが、一方で昔ながらの「かしわ」を
求める声も高まり、養鶏家、ふ化業者、料理店等の協力の下、品種の改良普及に努め、昭和56年に
名古屋コーチン普及協会(平成21年に一般社団法人名古屋コーチン協会へ移行)を設立し、万博など
のイベントを通じて名古屋コーチンの普及に努め、「かしわの王様」としての地位を確立しました。

○肉の特徴
 名古屋コーチンの肉質は、弾力に富み、よくしまって歯ごたえがあります。昔ながらの「かしわ肉」の
味が楽しめます

○卵の特徴
 美しいさくら色をした卵殻が特徴で、中には白い斑点が付いているものも見られます。卵はやや
小ぶりですが、卵黄の色は濃く、味も濃厚です。

 これからの時期は忘年会、新年会などで外食の機会が多くなりますが、鍋や焼鳥などで地元の
特産品「名古屋コーチン」を味わってみてはいかがでしょうか。
 
◎名古屋コーチンの豆知識

○ 「名古屋コーチン」の呼び名は全国的に有名ですが、実はこれは通称(俗称)であり、正式な
  品種名は「名古屋種」です。
  また、名古屋コーチンは元々卵肉兼用種ですが、改良を加え、用途の違いから「卵用」と「肉用」の
  2種類の系統があります。

○ 上記本文にも出てきました尾張藩士の海部荘平・正秀兄弟は、元総理大臣で愛知県名誉県民
  でもある海部俊樹さんの親類にあたると言われています。

○ 「名古屋コーチン」は、すべての原種鶏(親鳥の親)を「愛知県畜産総合センター種鶏場」で管理して
  おり、名古屋市農業センターと県内5か所の民間ふ化場で名古屋コーチンの優良ひなを生産し、
  生産者に供給しています。

○ 全国的な知名度も高く、大相撲名古屋場所における知事賞の副賞として、昭和60年に副賞の
  贈呈を始めて以来最多の6回贈呈されています。

○ 秋田県の「比内地鶏」、鹿児島県を中心とした九州南部の「薩摩地鶏(薩摩軍鶏)」とともに
  「日本三大地鶏」と呼ばれています。

○ 12月9日に、名古屋コーチン協会の生産から販売を手掛けるメンバーが知事を訪問して、
  名古屋コーチンのPRを行いました。

畜産総合センター種鶏場  
愛知県畜産総合センター種鶏場      表敬訪問時の写真


(C)2009 Aichi Prefecture All Rights Reserved.