Ai県マガジン

WebマガジンTOP
bS1メニュー 県政ピックアップ Aiリポート Ai県トピックス 愛知県広報番組 Ai犬のつぶやき

あいちの特産品

花き苗類(一宮市、稲沢市、田原市、南知多町、愛西市など)

 愛知県の花き生産は江戸時代から盛んでしたが、営利栽培が始められたのは大正から昭和初期
といわれています。当時の花き苗類では、特産品として「名古屋ちりめん葉ボタン」などがありました。

 平成2年に大阪で開催された国際花と緑の博覧会(花の万博)を一つの契機として、ガーデニング
ブームが起こり、花の利用法としてプレゼントやイベント装飾の他にも、各家庭で花壇やプランター
などでの栽培を楽しむ方が多くなりました。

 愛知県の花き苗類(花壇苗)の生産は、大規模経営が多く、出荷量75,300千株、作付面積
124ヘクタール、産出額27億円にのぼり、作付面積と産出額は全国2位(シェア 作付面積7.7%、
産出額8.5%)ですが、出荷量では全国1位(シェア9.7%)を誇っています。(平成21年)

 バテ気味の暑い夏でも、明るい陽の中で咲いている花壇苗を見ると、元気が湧いてきます。
 小型のプランターであれば、少しのスペースでも楽しむことができますので、興味がある方は
是非チャレンジしてみてください。

花き苗(パンジー)生産の様子   花き苗(ブルーデージー)
花き苗(パンジー)生産の様子   花き苗(ブルーデージー) 
 
◎花き苗類の豆知識

○ 近年は、花壇やプランターだけではなく、ハンギングバスケットにして壁やフェンスに掛けたり、
  寄せ植えにして窓辺や室内で楽しむ方法もあり、楽しみ方の幅が広がっています。

○ 花壇苗を選ぶ時には、きれいな花だけを見てしまいがちですが、株全体を見て、葉の
  つき方が密で、白く丈夫な根が十分に伸びているものを選びましょう。また、病害虫が
  発生していないか、下葉が黄色くなっていないかなどにも注意すると良いです。

○ 愛知県では、平成20年度から県花き温室園芸組合連合会と県経済農業協同組合連合会と
  協力し、「花の王国あいち推進事業」を実施しています。
   花について理解を深めてもらうとともに、花に親しむ経験をしてもらう目的で、「花に込めた
  メッセージの募集」や「花育教室」などに取り組んでいます。

○ 7月31日に、県花き温室園芸組合連合会の生産者が知事を訪問して、県産花壇苗のPRを
  行いました。

ハンギング・バスケット   生産者の知事表敬訪問
ハンギング・バスケット    生産者の知事表敬訪問の様子


(C)2009 Aichi Prefecture All Rights Reserved.