Ai県マガジン

WebマガジンTOP
bS2メニュー 県政ピックアップ Ai県トピックス 愛知県広報番組 あいちの特産品 Ai犬のつぶやき

Aiレポート

「戦国ときめきロード」めぐり
リポーター:おくりんこ



 愛知県といえば、戦国時代に多くの武将を輩出した「武将のふるさと」です。そのため、県内には
武将たちの息吹や歴史を感じることができるスポットが多く残されています。
 そして、この「武将のふるさと」を盛り上げるべく、戦国武将ゆかりの6人の姫で結成された「あいち
戦国姫隊」。皆さんはもう出会いましたか?

 現在、「あいち戦国姫隊」が武将ゆかりの観光スポットをナビゲートする『戦国ときめきロード〜姫と
ゆく!ときめきスタンプラリー夏の陣〜』が開催されているということで、私も早速参加してみることに
しました。
 「ときめきスタンプラリー」のホームページでスタンプラリーについて調べてみると、それぞれ5か所を
巡る5つのコースが用意されていることが分かります。
 今回は、その中の「コース01 こだわりの武将像をめぐる」を選択しました。目的地の中に、姫隊の
活動場所の一つである“岡崎城”があったので、私はまず岡崎城に行ってみることにしました。

岡崎城【岡崎市】

 「三河武士のやかた 家康館」の前で、6人の姫たちがパフォーマンスを行っていました。
 歌ったり踊ったりする姿を観ているだけではなく、観客の私達を巻き込みながらの掛け合いも楽しく、
また、ふれあいタイムには姫たちと直接お話しすることもできて、固定ファンがいるというのも分かる
気がしました。(とても気さくに御言葉を掛けてくださいますよ。)
 パフォーマンスの途中でスタンプラリーの紹介もあり、スタンプ帳を入手することができました。
 
あいち戦国姫隊のパフォーマンス    於大様と江様が、
直々にスタンプラリーをPR!
   
          ふれあいタイムに、おね様と吉乃様と写真撮影! 

 パフォーマンス後に、早速スタンプ帳を手に岡崎城へ。
 岡崎城を背にして座る「出世ベンチ」を横目に見ながら、緑に囲まれたゆるやかな坂道を登って
いくと龍城神社があり、その先に進むと岡崎城に到着!
 せっかくなので、場内の博物館を見学して、天守閣からの眺めを体験してから、ファーストスタンプを
GETしました。

 ちなみに、今回のスタンプラリーは、スマートフォンを利用して参加することもできます。
 私のスマホでは天守閣周辺ではスタンプを押すことができず、武士のやかたの周辺まで戻った
ところでようやく認識してくれました・・・
 
「出世ベンチ」に座って記念撮影   入ってすぐ左手の休憩室に
スタンプがありますよ。
前田利家像とまつの像(荒子駅)
前田利家とまつの像【名古屋市中川区】

 あおなみ線荒子駅の駅前ロータリーに「前田利家公初陣の
像」があります。像の向かって左手には幼いまつの像も一緒に
建てられています。
 前田利家が荒子城で生まれ、この地で育ったということで
建立されたそうです。
 スタンプは駅舎内(入って右手)にありました。
 これで2つ目のスタンプをGETです。
妙行寺と常泉寺【名古屋市中村区】

 次の目的地は、豊国神社の東に位置する妙行寺と常泉寺。
 まずは大出世を果たした豊臣秀吉を御祭神とする豊国神社を参拝し、広い公園内にある秀吉
誕生の地を見学。
 その後、名古屋城築城で有名な加藤清正の出生の地という妙行寺へ向かいました。こじんまりと
した境内に入ると、正面右手に像があり、スタンプは左手の公堂に置いてありました。
 
豊国神社      豊臣秀吉 生誕の地
   
       加藤清正の像(妙行寺)    妙行寺の公堂 

 続いて、妙行寺の北側にある常泉寺へ。
 ここには秀吉が生まれた際に産湯に使われた水の湧く井戸が残っています。本堂前に置かれた
スタンプを押して、4つ目のスタンプをGET。
 本堂でお参りした後で、本堂前にある「むすびの輪」で願いが叶うかを占ってみました。上下の輪に
刻まれている線の色がそろうと、願い事が叶うのだそうです。
 今回は上下の色がそろったので、ウキウキしながら常泉寺を後にしました。
   
豊臣秀吉の像(常泉寺)    むすびの輪
 今回のレポートはここまでですが、私のチャレンジするコースは残り1か所。まだ開催期限の
10月31日まで時間があるので、他のコースもまわってみようと思っています。
 観光案内のパンフレットも兼ねているスタンプ帳を持って、少しずつスタンプポイントを巡り、
楽しみながら歴史を・武将たちを肌で感じることができるのが、この「ときめきスタンプラリー」の
良い所ですね。

 最初に訪れた岡崎城では、既にスタンプラリーを全制覇した方に出会いました。
 今回の夏の陣では、5コース全て制覇だと「天下取り賞(オリジナル姫隊扇子)」への応募資格が、
1コース制覇で「国盗り賞(オリジナル姫隊風呂敷)」に応募することができます。
 スタンプ帳は、記念用と応募用に1スタンプを2か所に押印できるようになっています。それも
うれしい配慮ですね。
 この愛知県は武将観光スポットに恵まれた「武将のふるさと」です。皆さんも一緒に戦国武将に
ゆかりの地を巡ってみませんか?
 
残すところ、あと1か所    既にコンプリートを果たした猛者も…


(C)2009 Aichi Prefecture All Rights Reserved.