Ai県マガジン

WebマガジンTOP
bS5メニュー 県政ピックアップ Ai県トピックス 愛知県広報番組 あいちの特産品 Ai犬のつぶやき

Aiレポート

名古屋市内の身近な紅葉スポット2012

リポーター:あいぼん


紅葉からの木漏れ日
 今回の記事の取材を行ったのは11月、紅葉のピークを迎える
シーズンです。
 でも、有名な紅葉スポットに行こうとすると、行き帰りの移動では
渋滞が、着いたら着いたで現地ではものすごい混雑が予想されて、
二の足を踏んでしまいがちですよね。

 そこで今回は、もっと気軽に紅葉で秋を満喫したい!ということで、
身近に楽しめる紅葉スポットを探して、名古屋市熱田区の白鳥庭園と
千種区の平和公園に行ってきました!
 両方とも、住宅街が近くにある散策スポットですので、近隣の方は
もちろん、県内在住の方なら、名古屋にお出かけの際に気軽に寄るのにピッタリですよ。

○紅葉スポット1:モミジなら、白鳥庭園!

 まずは、名古屋市熱田区にある「白鳥庭園」。
 平成元年の世界デザイン博覧会のパビリオンとして整備され、閉幕後に本格的日本庭園として継続整備
され、平成3年4月に開園した池泉廻遊式庭園で、築山を「御嶽山」に、そこから流れる川を「木曽川」に、
川が流れ込む池を「伊勢湾」に見立て、源流から大海までの「水の物語」をテーマとした名古屋市内屈指の
規模の日本庭園です。

 その白鳥庭園の紅葉の特徴は、下の写真を見てもらえばわかるとおり、何といっても、真っ赤に色づいた
モミジです。
白鳥庭園の紅葉(モミジ)
白鳥庭園 池の周りを囲む真っ赤なモミジ

 庭園内には他にも様々な木々があるのですが、私が行ったときは、松は既に冬支度が始まっていて、
秋も終わりに近付いているのかなと季節を感じさせていました。
 そして、白鳥庭園と言えば、池には立派なコイたちもいるんですよ!私の友人などは、そのコイに餌を
あげるのが好きで、白鳥公園に行きたがるのです。コイの餌は公園内で50円で販売していますので、
のんびりとコイに餌をあげるのが好きな方は、是非お試しください。
白鳥庭園 松の冬支度   白鳥庭園の鯉
紅葉が見ごろを迎える中、松は早くも冬支度   池のコイたちは「餌待ち状態」 

 散策に疲れたり、ちょっと寒さを感じたら、汐入の庭に面した喫茶「汐入亭」でお茶も飲んで休憩する
ことができます。
 私が行った時には、既に夕方だったこともあって、日替わり和菓子が付いた「名物抹茶セット」は既に
売り切れでした。
 友人は抹茶オレで和風に、私はホットケーキセットをお願いして、ちょっとティーブレイクです。
白鳥庭園 喫茶「汐入亭」   白鳥庭園「汐入亭」 抹茶オレ
庭園内の喫茶「汐入亭」   抹茶オレも、本格的抹茶風!
見ただけでは判別できません
 

 この日は16:30には閉園となりましたが、冬には夜間も素敵なライトアップがされるそうです!
 クリスマスシーズンに、カップルで訪れても素敵ですよね。

 私が訪れたこの日は、園内で結婚式の撮影を行っていたり、若い女性グループがいたりして、意外と
言っては失礼かもしれませんが、比較的若い世代が多かったですよ。
白鳥庭園 結婚式の撮影
ちょっと判りにくいですが、庭園内で結婚式の撮影もしていました

○紅葉スポット2:平和公園のメタセコイア!


 有料で日本庭園を楽しむといった風情の白鳥庭園も良いのですが、今度はもっとリーズナブルに、グッと
身近な名古屋市東山丘陵地帯にある平和公園へも行ってきました。

 この平和公園は、戦後の大規模な区画整理事業(戦災復興都市計画)により整備されたもので、名古屋
市内の多くの墓地が平和公園内に移転されています。
 墓地の周辺は公園として整備されていて、特に桜の時期には大変なにぎわいとなります。

 私が行った日には、公園でラジコンカーを楽しむ人や、犬の散歩、親子連れなどがたくさんみられました。
 そして、ここで私の目を引いたのは、オレンジに色づいたメタセコイアでした。
平和公園の紅葉(メタセコイア)
 平和公園 オレンジ色のメタセコイアが目を引きます

 このあたりは野鳥も多く、私たちがいる間だけでも、ちょっと変わった鳥もたくさん見ることができたの
ですが、あまり鳥に詳しくないため、何の鳥かよく判りませんでした。残念!
 また、飛行機の航路でもあるのか、鳥だけでなく飛行機も多く飛んでいました。

 とても広い芝生なので、「フリスビーやバトミントンをしたいなあ」なんて思っていたら、芝生広場の隅には、
バスケットボールのゴールもありました!
 そして、このあたりは公園内遊歩道の1万歩コースの経路になっており、桜の園あり、展望塔(アクア
タワー・年末年始を除く土・日・休日営業)ありと、季節を問わず楽しむことができそうです。
 のんびりするも良し、身体を動かしても良し、本当にいろんな楽しみ方ができそうです。

平和公園 芝生広場のバスケットゴール   平和公園 遊歩1万歩コース標識
バスケットもできます   遊歩道1万歩コースの標識

 猫が洞池のそばには休憩所もあり、気候の良い時期の休日には、学生たちでにぎわっているそうです。
 私たちも、この日はお弁当を持って、イチョウの下でレジャーシートを広げて楽しみました。
平和公園 休憩所
猫が洞池そばの休憩所
 シーズンに紅葉スポットに出かけるとなれば、秋の自然を満喫するために、大渋滞や大混雑を
覚悟して出かける秋の行楽といったイメージが強いですが、ちょっと周りを見てみれば、身の回りにある
身近な場所にも素敵な紅葉スポットがあると思います。
 今回はご紹介した場所は、どちらも都会の中の庭園と公園ですが、山間部の有名な紅葉スポットとは
一味違ったそれぞれの魅力があって、とても楽しく過ごせました。
 これからの時期はライトアップなども行われて、デートや女子会にもぴったりな白鳥庭園、広い芝生に
持参したお弁当を広げて、家族やグループで気軽に楽しめる平和公園、どちらもわたしにとっては
素敵な「身近な秋」でした。
 この記事の掲載は12月ですので、紅葉の時期は終わっているかと思いますが、来シーズンに向けて
秋の景色を想像しながら、身近な紅葉スポットを探してみてはいかがでしょうか。

白鳥庭園 『冬のあかりアート」   平和公園 メタセコイアの紅葉   平和公園 メタセコイア広場
白鳥庭園 「冬のあかりアート」
美濃和紙灯りアートとのコラボ
  平和公園のメタセコイアの紅葉
オレンジが重なり、燃えているようです
   平和公園のメタセコイアの下で
お弁当を広げる女性たち

 白鳥庭園公式サイト http://www.shirotori-garden.jp/
 平和公園サイト    http://www.city.nagoya.jp/chikusa/page/0000000819.html


(C)2009 Aichi Prefecture All Rights Reserved.