Ai県マガジン

WebマガジンTOP
bS7メニュー 県政ピックアップ Ai県トピックス 愛知県広報番組 あいちの特産品 レポーター募集

Aiレポート

子どもも大人も思いっきり遊べる! 冬の「旭高原 元気村」
リポーター:みつこ


雪をかぶった御嶽山
 雪をかぶった御嶽山
 遠くに雪をかぶった御嶽山。
 きれいな景色のなか、思いっきり「そりすべり」!
 お腹がすいたら、レストランや屋台でおいしい地元産の自然薯
(じねんじょ)そばを食べたり、五平餅を食べたりして一休み!
 しっかりと遊んで体を動かした心地よい疲れを感じながら、
帰りに温泉に寄ってゆっくり過ごす。
 そんな一日を過ごしてみたいと思いませんか?

 そんな冬のおすすめスポット、旭高原元気村をご紹介します。

 「旭高原元気村」といえば、春から秋にかけてのキャンプやバーベキュー、星空観察などが定番と
思いきや、冬の隠れた人気スポットでもあるんです。
 その理由が「そりゲレンデ」です!

 平成6年から始まった「そり専用のゲレンデ」は、他のところではなかなか見られないもので、小さな
お子さん連れのご家族に大人気なんだそうです。
 しかも、その「そりすべり」は、子どもだけでなく、実は大人も思いっきり楽しめるものなんですよ。
そりすべりゲレンデ   動く歩道
そりすべりゲレンデの様子   すべった後は「動く歩道」で移動!

 何といっても、おすすめのポイントはその「リーズナブルさ」です。
 そりやお弁当を持参しさえすれば、一人当たりたったの500円で一日遊べます。
 更衣室も完備されていますので、子ども連れであそびに来るには、とてもありがたいですね。

 そりゲレンデの中には、小さいお子さん向けの遊べるスペースもあります。そこに立派な「かまくら」
を作った方もいるんですよ!
雪あそび広場
「雪あそび広場」でも楽しむことができます
 遊び方もいろいろ、人それぞれで楽しいですね。

 お天気の良い日には、展望台へ行ってみるのもいいですよ。
 遠くに雪をかぶった美しい御嶽山や白山も見ることができます。
 身も心もすっかりリフレッシュできそうです。

 それでも、たかが「そりすべり」と侮るなかれ!
 スキーウェアやスノーブーツなどをしっかり着込んで、ちゃんと
着替えも持って出かける事をお勧めします。
 また、標高650メートルにある施設ですので、雪などの悪天候
が続いた後などは、道路状況も十分にご確認のうえでお出かけ
くださいね。旭高原元気村のホームページでも、確認することが
できますよ。

 また、ホームページからブログを見ることもできます。ゲレンデの様子、周辺のすばらしい自然や
景色、レストランや屋台のおいしいものなどがよくわかりますよ。
 美しい写真も一杯ですよ。

 旭高原元気村には宿泊施設も整っているので、泊りがけで思いっきり楽しまれる方も、少なからず
おられるそうです。
 まちなかと違って街灯の光も少ないので、夜には家族で満天の冬の星空を眺めるのも楽しいですね。
 ご家族向けの「ファミリーロッジ」はログハウス造りでとても素敵です。
 団体での利用なら古民家を移築した「つつじ屋敷」もあります。

ファミリーロッジ   つつじ屋敷
ファミリーロッジ(外観)    つつじ屋敷(内観)

 そりすべりに疲れてきたら、いろいろな体験プログラムもあります。
 2月10日(日)と11日(月・祝)の2日限りの開催なのですが、「味噌の仕込み」の体験プログラムが
行われます。「一度やってみたいなぁ」と思っている方も多いはずです。自分で仕込んだ味噌は格別
ですよ。
 この時期には、木の実やつるなどを使った手作りリースの教室などもあります。

 また、梅仕事、昆虫観察、星空観察、望遠鏡づくり、愛知県ではここにだけ自生する大変貴重な
ハナノキの紅葉を楽しむ会などなど、それぞれの季節に合わせて自然を楽しんだり、食を楽しんだり
する様々な体験イベントが開催されます。
 いずれも予約が必要です。開催時期など、詳しくは旭高原元気村のHPをチェックしてみてください。

 周辺施設でも、そりすべりを取り入れたイベントが開催されます。

○旭高原少年自然の家「ソリすべりファイナル」
 1泊2日で参加する親子の参加者を対象とした企画です。
 何と食事等の実費負担を除いて、参加費が無料なんです!お得ですね。

旭高原少年自然の家
 旭高原少年自然の家
 ◇日程 3月9日(土)、10日(日) 1泊2日
 ◇対象 小学生以上の子どもとその家族
 ◇参加費 無料
        ただし、食事等の実費として、
         中学生以上1,950円
         小学生   1,930円
         未就学児  1,850円 が必要です。
 ◇定員 40人(13家族程度)
       ※応募者多数の場合は抽選
 ◇その他 プログラム内容や申込方法などについては、
        旭高原少年自然の家ホームページをご覧ください。

 今回は旭高原元気村の「そりすべり」を中心にいろいろとご紹介しました。
 私の身近にある「冬ならではの遊び」といった感じですが、ちょっと気をつけてみれば、皆さんの身の
回りにもいろいろと季節ならではの遊びがあるのでは。
 寒いからと家に閉じこもっていないで、そういった遊びを探して、遊びに出掛けてみてはいかがで
しょうか。


(C)2009 Aichi Prefecture All Rights Reserved.