地域包括支援センターについて


◇ 介護保険制度の見直しにより、平成18年4月1日から、
  市町村に「地域包括支援センター」 が設置されました。

◇ 「地域包括支援センター」は、高齢者の方の身近な相談窓口として、
  要介護状態等となることを予防するための拠点として、
  また、高齢者の方の人権や財産を守る権利擁護の拠点として、
  高齢者の方を介護、福祉、保健、医療など様々な面から総合的に支援します。


◇ 「地域包括支援センター」では、次の事業を行います。

● 介護予防ケアマネジメント業務

   高齢者の方が、住み慣れた地域で自立して生活していけるよう支援します。
  @ 介護予防サービスに関するマネジメント
    介護保険認定者のうち「要支援1」・「要支援2」と判定された方に心身の状態の維持・改善のため
    介護予防サービス計画(ケアプラン)を作成します。
    この計画に基づいて、介護保険の介護予防サービスを利用していただきます。
  A 介護予防事業に関するマネジメント
    要支援・要介護状態になる恐れのある方に生活機能の維持・向上のため介護予防ケアプランを作成します。
    このプランに基づいて、市町村が実施する介護予防事業を利用していただきます。

● 総合相談支援業務

   高齢者やその家族の方からの様々な相談に応じ、
   介護保険を始め保健、医療、福祉のサービス・制度などを利用できるよう支援します。

● 権利擁護業務

   高齢者に対する虐待の防止、早期発見のための事業や
   判断能力が不十分な高齢者の方のための成年後見制度の利用について支援します。

● 包括的・継続的マネジメント業務

   地域のケアマネジャーが円滑に仕事ができるよう支援します。
   また、より暮らしやすい地域とするため、医療機関を含め様々な関係機関とのネットワーク作りに取り組みます。


◇ 「地域包括支援センター」の御利用に当たっては、お住まいの市町村の広報等で御確認ください。



                       健康福祉部高齢福祉課  介護予防・認知症グループ
                           電話 052‐954‐6310(ダイヤルイン)
                           FAX 052‐954‐6919

高齢福祉課のトップページにもどる