健康と安全

子どもを預ける

先天性代謝異常等検査

主な対象

子ども

対象となるお子さん:
0歳

事業内容

先天性代謝異常等は、早期に発見し早期に治療を行うことにより知的障害等の心身障害を予防することが可能です。そのため、新生児を対象に先天性代謝異常等検査を行います。

実施時期

生後5~7日頃

実施場所

産科医療機関

実施主体

愛知県

問い合わせ先

健康福祉部児童家庭課母子保健グループ

参考サイトURL

新生児マススクリーニング検査(先天性代謝異常等検査)について:http://www.pref.aichi.jp/0000012531.html

遺伝相談

主な対象

遺伝疾患、血族結婚をはじめとした遺伝に関する 不安や悩み等お困りのことを持つ方


事業内容

遺伝に関する不安や悩み等に専門の遺伝カウンセラー(医師)または保健師が相談を行っています。
医師の相談は予約制、保健師による電話相談は随時行っています。

実施時期

毎週火曜日から土曜日 午前9時~午後5時まで(外来休診日を除く)
(医師による相談は予約制:第1水曜日午後1時から)

実施場所

あいち小児保健医療総合センター

実施主体

愛知県

問い合わせ先

あいち小児保健医療総合センター(保健センター保健室)

参考サイトURL

遺伝相談のご案内:http://www.achmc.pref.aichi.jp/sector/hoken/health/iden.html

インフルエンザ情報ポータルサイト

主な対象

妊婦、親子、子ども

対象となるお子さん:
未就園児、幼稚園・保育園児、小学生、中学生、高校生

事業内容

インフルエンザに関する6項目の情報を提供しています。

  • 集団かぜの発生について
  • インフルエンザの発生状況について
  • インフルエンザの予防について
  • インフルエンザ対策に関する通知について
  • 新型インフルエンザについて
  • 鳥インフルエンザについて

実施時期

常時

実施主体

愛知県

問い合わせ先

健康福祉部健康担当局健康対策課インフルエンザ対策グループ

参考サイトURL

愛知県インフルエンザ情報ポータルサイト:http://www.pref.aichi.jp/kenkotaisaku/influ/index.html

健康長寿あいち推進事業

主な対象

一般

対象となるお子さん:
未就園児、幼稚園・保育園、小学生、中学生、高校生

事業内容

愛知県では、「健康長寿あいち宣言」(平成18年3月発表)の推進のため、「あいち健康の森」を拠点として、子どもからおとしよりまで、県民の皆様の健康づくりを支援する生活習慣病対策を始めとした「健康長寿あいち」の取組みを進めています。

問い合わせ先

健康福祉部保健医療局健康対策課 計画グループ
TEL 052-954-6269

参考サイトURL

健康長寿あいちポータルサイト:http://www.pref.aichi.jp/kenkotaisaku/kenkochoju/index.html

食育推進事業(食育に関する情報提供)

主な対象

父、母(保護者)

対象となるお子さん:
未就園児、幼稚園・保育園児、小学生、中学生、高校生

事業内容

子どもたちに対する食育は、生涯にわたって健全な心と身体を培い、豊かな人間性をはぐくんでいく基礎となるものです。
食育についてみなさんが知りたい情報、みなさんに知らせたい情報をWebページ「食育ネットあいち」で発信しています。

実施主体

愛知県

問い合わせ先

愛知県農林水産部食育推進課食育推進グループ

参考サイトURL

食育ネットあいち:http://www.pref.aichi.jp/shokuiku/shokuikunet/index.html

食育推進ボランティアの派遣

主な対象

父、母(保護者)

対象となるお子さん:
未就園児、幼稚園・保育園児、小学生、中学生、高校生

事業内容

食生活についてのお話や親子の調理実習などについて、講師となるボランティアを派遣します。

実施時期

随時

実施主体

愛知県

問い合わせ先

農林水産部食育推進課食育推進グループ

参考サイトURL

食育推進ボランティア:http://www.pref.aichi.jp/shokuiku/shokuikunet/info/volunteer.html

薬物乱用防止推進事業

主な対象

父・母(保護者)、子ども

対象となるお子さん:
小学生、中学生、高校生、若者

事業内容

  1. 啓発事業
    薬物(麻薬・覚醒剤・危険ドラッグ等)乱用防止のため、薬物乱用防止指導員等により、地域の実情に応じた啓発活動を通じて、広く県民に薬物乱用の弊害について正しい知識を普及します。
    特に、6月20日~7月19日は「ダメ。ゼッタイ。」普及運動、10月~11月は「麻薬・覚醒剤乱用防止運動」が全国一斉に実施され、県内においても街頭活動による啓発資材の配布やポスター掲示等により、県民の方に普及啓発を実施しています。
  2. 相談事業
    医薬安全課及び保健所に薬物一般相談窓口を設け、県民の方からの薬物に関する一般的な相談に応ずるとともに、愛知県精神保健福祉センターには薬物専門相談窓口を設置し、特に専門的な対応を要すると認められた相談者等に対する個別相談指導及び回復支援プログラムを行っています。さらに、薬物に関する問題を抱えている家族を対象に家族教室を開催し、その家族に対して支援等も行っています。

実施主体

愛知県

問い合わせ先

健康福祉部保健医療局医薬安全課毒劇物・麻薬・血液グループ

参考サイトURL

薬物乱用防止:http://www.pref.aichi.jp/0000061925.html

エイズ・性感染症等の感染症予防

主な対象

子ども

対象となるお子さん:
中学生、高校生、若者

事業内容

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」及び「特定感染症予防指針」に基づいて、エイズ及び性感染症を予防します。

実施主体

問い合わせ先

健康福祉部保健医療局健康対策課結核・感染症グループ
各保健所生活環境(環境・食品)安全課

参考サイトURL

エイズの予防:http://www.pref.aichi.jp/kenkotaisaku/aids/index.html

性感染症の予防:http://www.pref.aichi.jp/kenkotaisaku/aids/std/main.htm

フッ化物洗口による永久歯のむし歯予防

主な対象

子ども

対象となるお子さん:
幼稚園・保育園年中長児から小中学生

事業内容

愛知県では、永久歯のむし歯予防対策としてフッ化物洗口を推進しています。みんなで健康づくりに取組む環境を整え、子どもたちのむし歯予防に対する意識を高めることを目指しています。(フッ化物洗口とは、フッ化ナトリウムの水溶液でブクブクうがいをするむし歯予防の方法です。)

実施時期

年間を通じて実施

実施場所

フッ化物洗口実施施設966施設(幼稚園・保育園636園、小学校321校、中学校9校)平成26年3月末現在施設数

実施主体

各実施市町村の保育園関係所管課、教育委員会または、実施施設

問い合わせ先

健康対策課、県保健所、各実施市町村の保育園関係所管課、教育委員会

参考サイトURL

歯の健康:http://www.pref.aichi.jp/cmsfiles/contents/0000012/12685/chap5_ha.pdf