朝日遺跡 インターネット博物館
トップへ

インターネット展示室こども考古学教室出前博物館
2時間目 弥生土器いろいろ

出土した土器


おや、土のなかから何かでてきた。これは弥生土器、みんなも教科書にのっている写真や絵をみたことがあるよね。発掘調査で一番たくさんみつかるのが、この土器なんだ。たいていはわれて破片になっているから、掘り出したあとにパズルのようにつなぎ合わせてもとの形を作るんだ。
ところで、土器はどのようにつかわれたか知っているかい。
写真の3つの土器をみてみよう。少しずつ形がちがうけど、それぞれつかわれ方もちがうんだ。

土器の形

左の土器はものをたくわえる容器で、食べ物や水をいれておくための土器なんだ。
まん中の土器はすすでまっ黒になっている。火にかけられた土器で、今のおナベにあたるものなんだ。なかにはこげた食べ物がこびりついてのこっている土器もあるんだよ。
右の土器は、食べ物をもりつける食器。今のお皿やお椀にあたるものなんだ。
土器の使い方
ほとんどの土器はふだんの生活でつかわれたものだけど、お祭りなど特別なときにつかわれた土器もあったようだ。写真の土器は赤く塗られていて、きれいな文様も描かれている。何か儀式のときにつかわれたと考えられているんだよ。
赤い土器

もどる
メニュー
つぎへ


愛知県教育委員会 生涯学習課文化財保護室
052-954-6783
syogaigakushu@pref.aichi.lg.jp