愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

検見塚(けみづか)

分類 県指定
種別 史跡
所在地 清須市朝日灰肥1268
所有者等 清須市
指定(登録)年 昭和43年(1968)
時代 弥生

※ 別ウインドウで開きます

国史跡貝殻山貝塚の北東約500mに位置し、径15m、高さ3mほどの小山状をなしている。貝殻はカキ、シジミなどを主体とするが量的に少なく、混貝土層の状態を示している。本遺跡や貝殻山貝塚を含む朝日遺跡は、東西1.4km、南北800m余におよぶ大遺跡である。本遺跡は弥生時代前期を代表する貝殻山貝塚に対して、中・後期の特色をよく示すものとして指定されたものである。

前へ戻る