愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

神明宮第1号古墳(しんめいぐうだいいちごうこふん)

分類 県指定
種別 史跡
所在地 岡崎市丸山町字宮山2の1
所有者等 神明宮
指定(登録)年 昭和50年(1975)
時代 古墳

※ 別ウインドウで開きます

神明宮第1号墳

神明宮第1号墳

矢作川の支流である乙川に沿った丸山町には亀山・経ヶ峯・神明宮それぞれの古墳群が分布し、亀山古墳群の亀山第2号古墳からは舶載の画文帯神獣鏡が出土している。神明宮の境内には2基の古墳が現存し、そのうちの第1号古墳は葺石が墳頂部に散見する円墳で、径約19m、高さ約2.9mを測り、西に開口する全長11.6mの長大な複式石室をもっている。
石室内部は両側壁に立てられた石柱2柱2組により羨道・前室・奥室に区分されている。奥室の鏡石は1枚岩を用いて全面にベンガラを塗沫する。石室規模は矢作川流域における最大級の横穴石室である。岡崎市東部の経ヶ峯第1号古墳、亀山第2号古墳に続く有力首長の墳墓とみられている。

前へ戻る