愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

入海貝塚(いりみかいづか)

分類 国指定
種別 史跡
所在地 東浦町緒川入海神社境内
所有者等 入海神社
指定(登録)年 昭和28年(1953)
時代 縄文

※ 別ウインドウで開きます

入海貝塚

入海貝塚

知多半島基部にあたる東浦町緒川の台地上に立地する貝塚で、衣ヶ浦湾に注ぐ境川の右岸に位置する。標高12m。大正年間に確認され、戦後南山大学等による発掘調査によって神社拝殿と本殿の東に幅10m、長さ50mの弧状に分布する貝塚が確認されている。現在、入海神社の境内となっている貝層は、主としてハイガイによって構成されているもので、縄文時代早期後半の土器を包含し、いわゆる入海式土器の標識遺跡である。入海式土器は、東海地方を中心にして東は関東、西は近畿にわたって分布する。

前へ戻る