愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

千万町の神楽【ぜまんじょのかぐら】

分類 県指定
種別 無形民俗文化財
所在地 岡崎市千万町町
開催日 4月第3日曜日
所有者等 千万町神楽保存会
指定(登録)年 昭和39年(1964)
千万町の神楽

千万町町の八剣神社には、4月第3日曜日の春祭りに神楽が奉納される。史料としては宝暦元年(1751)の文書に、この年の祭礼に神楽を舞ったことが書かれている。
この地方では獅子神楽のことを「神楽」と呼ぶことが多い。
千万町の神楽は、褄模様に丸帯の女装をし、獅子の頭をつけ、御幣と鈴を持った舞い手と、すりささらを持った才蔵と呼ばれる後持ちの2人で舞う。その装束から嫁獅子神楽ともいわれる。後方の唄手、笛、太鼓の囃方にあわせて、神前で「幕の舞」「鈴の舞」「洞入り」の神事舞の後、娯楽の要素が加わった歌舞伎の外題が演じられたが、近年はその機会も少なくなっている。

前へ戻る