愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

乗本万灯【のりもとまんどう】

分類 県指定
種別 無形民俗文化財
所在地 新城市乗本・万灯山
開催日 8月15日
所有者等 乗本万灯保存会
指定(登録)年 昭和40年(1965)

※ 別ウインドウで開きます

乗本万灯

新城市乗本の乗本万灯は、毎年8月15日の夜、集落をみおろす万灯山でおこなわれる。
万灯と呼ばれる小麦稈で長さ60cm、幅70cm、重さ5~10kgほどの束を作りそれに火をつけ、太鼓・鉦・笛の囃子とともに、白パンツにさらしを巻いた男性が「マンド、マンド、ヨーイヨイ」という掛け声をあげながら頭上で万灯につけたひもを振りまわす。万灯の焔が長く尾をひき、夜空に紅蓮の輪を描く。
万灯がいつはじまったかは定かでないが、長い伝統のなかで多様な意味を持つようになった。盆の精霊や災いをもたらす悪霊を鎮め送るための鎮魂、害虫を追い払い、さらに長篠合戦の戦没者の供養とも言われている。万灯を振りまわす若者は、この地方の通過儀礼の1つともなっていた。
万灯に点火する聖なる火は、昔は遠州秋葉神社から迎えて来たという。それが近くの本宮山から受けるようになり、現在では集落内の秋葉神社の火を使うようになった。

前へ戻る