愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

尾張津島天王祭の車楽舟行事【おわりつしまてんのうまつりのだんじりぶねぎょうじ】

分類 国指定
種別 無形民俗文化財
所在地 津島市・愛西市
開催日 7月第4土日曜日
所有者等 尾張津島天王祭協賛会・市江車(ぐるま)協賛会
指定(登録)年 昭和55年(1980)

※ 別ウインドウで開きます

尾張津島天王祭の車楽舟行事

津島神社は、京都の八坂神社と並び、夏の疫病退散を祈る神社として広く知られている。ここの祭礼は7月第4土曜日とその翌日に行われ、それぞれ宵祭(古くは試楽と称した)、朝祭と呼ばれている。しかし神社と民間での祭祀を含めると3か月間に及んでいる。
昭和37年までは陰暦6月14日(試楽)と15日(朝祭)を中心とした。その中で車楽舟行事は、津島五車と呼ばれる筏場・今市場・下構(しもかまえ)・堤下(とうげ)・米之座、そして市江車を加えた6輛による祭舟で展開される行事である。特に舟の山車行事であることに特色がある。
祭舟は「車楽」と呼ばれ、濃尾平野に分布する古い形態を有する祭車の影響を残すものである。前日は津島五車が1年の日数の提灯を半球状に形作る巻藁船、翌日は能人形を飾った車楽舟に模様替えして先車を市江車が務めることになっている。そして、市江車の鉾持ちが境内にある太鼓橋の注連縄を切らないと、神輿が還御できないことからも市江車がこの祭りで重要な役割を担っていることが知られる。

前へ戻る