愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

知立の山車文楽とからくり【ちりゅうのだしぶんらくとからくり】

分類 国指定
種別 無形民俗文化財
所在地 知立市山町、本町、中新町、西町
開催日 5月2・3日
所有者等 知立山車文楽保存会、知立からくり保存会
指定(登録)年 平成2年(1990)

※ 別ウインドウで開きます

知立の山車文楽とからくり

知立神社は三河二宮であるとともに、東海道池鯉鮒宿の産土神である。ここの祭礼(知立祭り)は5月2日、3日に行われ、本祭りと間祭りが交互に開催される。本祭りでは5輛の山車が登場し、このうち山町、中新町、本町、宝町の4輛で山車文楽、さらに西町はからくり人形芝居を演じている。
「中町祭礼帳」には元文元年(1736)からの祭礼記録を残しているが、山車祭礼の創始は定かでない。宝町が昭和23年に山車を登場させるまで、4輛で祭礼を繰り広げてきた。
もともと一つの山車で両者の人形芸能を演じていたのである。山車の上段の舞台で糸からくり人形芝居、下段からせり出した引出舞台で三人遣いの人形浄瑠璃芝居(文楽)を演じている。
特に、西町の「平治合戦」は、からくり人形による浄瑠璃人形芝居である。からくりの多く分布する愛知県であるが、全国でも同系のものは、ここを含めて県下に5輌がある。

前へ戻る