愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

算額(大御堂寺)【さんがく(おおみどうじ)】

分類 県指定
種別 有形民俗文化財
所在地 美浜町野間
所有者等 大御堂寺
指定(登録)年 昭和41年(1966)
算額(大御堂寺)

野間の大御堂寺の算額は、「明和8年(1771)辛卯冬十一月吉日知多郡内海中之郷邑榎本犀助章清」の寄進である。
額面は、白色に仕上げた上に墨書きしてあり、裏面の文章の間に別の書体で、明治45年(1912)に表面の細字を墨で捕色した旨が書き込まれている。算額の大きさは、横が230cm、縦が70cmと横に長い。
解答するには、高等学校で学習する関数の知識を必要とする。

前へ戻る