愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

知多木綿生産用具及び木綿問屋関係資料【ちたもめんせいさんようぐおよびもめんどんやかんけいしりょう】

分類 県指定
種別 有形民俗文化財
所在地 知多市緑町 知多市歴史民俗博物館
所有者等 知多市
指定(登録)年 昭和48年(1973)
知多木綿生産用具及び木綿問屋関係資料

知多半島で生産された木綿は「知多木綿」の名で知られている。近世中ごろから庶民の日常衣料として利用されてきた。知多木綿は、地元農家の婦女子の副業としても発達する。生産地は知多市を中心に、東海市から常滑市に続く西海岸の北部である。海岸や川岸の砂地や干拓新田の乾燥した土地で綿が栽培された。それまでの繰綿商人が次第に木綿買継問屋に変っていく享保年間(1716~36)は、綿栽培がさかんになる時期でもあった。
知多木綿生産用具は、いずれも地元農家に保存されていた用具である。そのなかにはいろいろな工夫や改良の見られるものもあり、歴史的発達のあとを知ることができる。また、紡糸から織布に至る一連の工程がわかる点でも貴重である。また16点の木綿問屋関係資料は、近世の生産・販売の流通過程を知ることができる。

前へ戻る