愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

木造聖観世音菩薩立像(もくぞうしょうかんぜおんぼさつりゅうぞう)

分類 県指定
種別 彫刻
所在地 刈谷市元町
所有者等 海曾寺
指定(登録)年 昭和30年(1955年)
時代 平安
木造聖観世音菩薩立像

木造聖観世音菩薩立像

高さ96.8cm、桧材、寄木造(よせぎづくり)、漆箔(しっぱく)。
風化により木質の荒れが目立っている。それに両手足や天衣(てんね)等が後補であるため、当初の姿を失っているようだ。僅かに面相に温和な俤(おもかげ)を残す程度であるが、それも鼻梁(びりょう)や口唇のあたりにはかなりの風化がみえ、衣文の彫法など全く当初のあり方をみる事が出来ない。
しかし、引締った胴部や、少し太目の下半身、簡素な裳(も)の折り返し、天衣の手法など、やはり藤原様式の本質は失われていない。藤原後期の作であろう。

前へ戻る