愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

木造仏頭(もくぞうぶっとう)

分類 県指定
種別 彫刻
所在地 あま市蜂須賀
所有者等 蓮華寺
指定(登録)年 昭和33年(1958年)
時代 平安
木造仏頭

木造仏頭

高さ33cm。
この仏頭は、元来漆箔(しっぱく)の如来像の一部で、黒漆地が比較的多く残存している。その面相の優美な点、整った鼻口、俯瞰(ふがん)の眸(まなざし)、なだらかに、しかも引き締まった感じの頬など、その作風、手法ともに優れていて、明らかに藤原期も早い時期に属する仏像の残欠と考えられる。おそらく完形ならば当地方有数の佳作に属するものであろう。

前へ戻る