愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

木造仁王像(もくぞうにおうぞう)

分類 県指定
種別 彫刻
所在地 あま市甚目寺
所有者等 甚目寺
指定(登録)年 昭和33年(1958年)
時代 鎌倉
木造仁王像(吽形)

木造仁王像(吽形)

高さ吽形363cm、阿形348cm。桧材、寄木造(よせぎづくり)、彩色。
当地方では、仁王像の古くかつすぐれた例は数少ない。風雨にさらされやすいため、あるいは水火の難に避難させがたい大きさのためかもしれない。
その中で、当寺の像は大きさやその作風の上からも一、二に位置されるものである。
刀法は強く、形態は写実的、幾分の誇張的な表現はあるが、鎌倉時代の作風を遺すもので豪壮の感じである。
仁王門は鎌倉期の上棟になるものであるが、この両像もそれ以降のものであろう。現在、解体修理中で、その完成時には最終的な結論が出る可能性がある。

前へ戻る