愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

木造阿弥陀如来坐像(もくぞうあみだにょらいざぞう)

分類 県指定
種別 彫刻
所在地 豊川市財賀町
所有者等 財賀寺
指定(登録)年 昭和53年(1978年)
時代 平安
木造阿弥陀如来坐像

木造阿弥陀如来坐像

像高88.6cm、桧材、寄木造(よせぎづくり)、彫眼(ちょうがん)、漆箔(しっぱく)。
定印(じょういん)の坐像で、もと千両にあった極楽寺の本尊といわれる。定朝(じょうちょう)風の作例で、肉髻(にっけい)がやや高く、螺髪(らほつ)も細かく、平安時代ごろの作と考えられる。
光背裏の朱書銘に 「座光大檀那御油林次郎兵衛 天文廿二年癸丑二月十日吉家敬白」(右)、 「願主不動坊」(左)とある。

前へ戻る