愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

木造伝覚山和尚坐像(もくぞうでんかくざんおしょうざぞう)

分類 国・重要文化財
種別 彫刻
所在地 稲沢市矢合町
所有者等 国分寺
指定(登録)年 大正元年(1912年)
時代 鎌倉
木造伝覚山和尚坐像

木造伝覚山和尚坐像

高さ82cm、桧材、寄木造(よせぎづくり)、玉眼(ぎょくがん)、彩色。
当寺の開山は覚山と伝えられる。
剥落を示しながらも鎌倉期に共通する頂相(ちんそう)の一典型を示している。曲ろく(きょくろく)の上に趺座(ふざ)し、法衣を長く前面に垂下させ、袖を左右に長く垂らし、中々整った写実的容姿である。
面貌の彫りは深く強く、固く結んだ口唇にも剛毅な風格が表現され、現実描写の精神が溢れている。ただし、細部の手法に地方作にある、簡素な様相がみられる。南北朝頃の作であろう。

前へ戻る