愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

木造伝熱田大宮司夫妻坐像(もくぞうでんあつただいぐうじふさいざぞう)

分類 国・重要文化財
種別 彫刻
所在地 稲沢市矢合町
所有者等 国分寺
指定(登録)年 大正元年(1912年)
時代 鎌倉
木造伝熱田大宮司夫妻坐像(婦人像)

木造伝熱田大宮司夫妻坐像(婦人像)

木造伝熱田大宮司夫妻坐像(男像)

木造伝熱田大宮司夫妻坐像(男像)

高さ共に60.9cm、桧材、寄木造(よせぎづくり)、内刳(うちぐり)、玉眼嵌入(ぎょくがんかんにゅう)。
男像の方は両手を膝の上に重ね、婦人像は合掌している法衣像で、共に高麗(こうらい)縁の畳座に端坐している。鎌倉期通有の構造で、様式からみて末期のものであろう。表されている人物は明らかにし難いが、忠実な写生はよく個性を捉え、面貌だけでなく全姿の特徴を捉えている。法服の皺文は煩瑣でなく、肉体と密接している。真面目で末節に拘らない地方のすぐれた写実的な作である。特に婦人像は全国的にも珍しい。

前へ戻る