愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

木造四天王立像(もくぞうしてんのうりゅうぞう)

分類 国・重要文化財
種別 彫刻
所在地 豊橋市雲谷町
所有者等 普門寺
指定(登録)年 大正11年(1922年)
時代 平安
木造四天王立像(広目天)

木造四天王立像(広目天)

木造四天王立像(持国天)

木造四天王立像(持国天)

木造四天王立像(増長天)

木造四天王立像(増長天)

木造四天王立像(多聞天)

木造四天王立像(多聞天)

持国天176cm、増長天171cm、広目天177cm、多聞天171cm。桧材、一木造、内刳(うちぐり)、彩色。
いずれも藤原後期の作である。躯幹は雄偉で華麗な中に雄勁(ゆうけい)な趣きがみられる。当初の彩色は斑文として残る。
頭部は割首(わりくび)とし、彩色像であるが、殆ど消え失せて黒ずんで見える。足下に鉈彫(なたぼり)式の邪鬼(じゃき)を踏む。

前へ戻る