愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

木造薬師如来坐像(もくぞうやくしにょらいざぞう)

分類 国・重要文化財
種別 彫刻
所在地 新城市庭野
所有者等 林光寺
指定(登録)年 昭和6年(1931年)
時代 平安
木造薬師如来坐像

木造薬師如来坐像

高さ130cm、桧材、割矧(わりはぎ)造、彫眼(ちょうがん)、漆箔(しっぱく)。
形容は大変よく、表情も温和で、様式は定朝(じょうちょう)風である。膝の部分が多少薄手過ぎる感がある。
内部の背面に「嘉応二年十二月十九日」(1170)の墨書銘がある。藤原末期の紀年在銘像であって、県内ではまことに珍しい貴重な仏像の一つである。

前へ戻る