愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

木造金剛力士立像(もくぞうこんごうりきしりゅうぞう)

分類 国・重要文化財
種別 彫刻
所在地 豊川市財賀町
所有者等 財賀寺
指定(登録)年 昭和55年(1980年)
時代 平安
木造金剛力士立像

木造金剛力士立像

高さ阿形381.0cm、吽形375.1cm。桧材、寄木造(よせぎづくり)、彩色。
腹に太い縄状の帯を巻き、天衣(てんね)を巻きつけて、上半身を内側に倒す穏やかな体勢の金剛力士像である。
頭部が大きく、目鼻立を顔の中央に品よくまとめる表現には一種のユーモラスな明るさがある。細身の上半身と安定感のある幅広い下半身の均衡も巧みで、11世紀末から12世紀の造像と考えられる。構造も桧の4材を正中(せいちゅう)及び躰側で矧(はぎ)合わせる、堅牢(けんろう)で合理的な寄木造(よせぎづくり)完成期の技法を示している。

前へ戻る