愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

絹本著色当麻曼陀羅絵(けんぽんちゃくしょくたいままんだらえ)

分類 県指定
種別 絵画
所在地 岡崎市鴨田町
所有者等 大樹寺
指定(登録)年 昭和30年(1955)
時代 鎌倉
絹本著色当麻曼茶羅絵

絹本著色当麻曼茶羅絵

縦166.0cm、横181.0cm
奈良県当麻寺に伝わる綴織当麻曼荼羅を絵画に描いた転写本の一つである。仏菩薩は、截金文が細かく施されており、精緻で優れた画風を示している。制作は鎌倉時代後期と考えられる。制作年や伝承を示す記録は無いが、本図は大樹寺の創建よりも古い作であり、いずれかの寺院よりもたらされたものと思われる。

前へ戻る