愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

絹本墨画三十三観音像(けんぽんぼくがさんじゅうさんかんのんぞう)

分類 県指定
種別 絵画
所在地 豊田市
所有者等 -
指定(登録)年 昭和51年(1976)
時代 室町

三十三幅 中央幅 縦115cm、横55cm  その他 縦88cm、横40.5cm
水墨で三十三体の観音を一幅ずつ描いたものである。中央幅の識語によれば応永29年(1422)の作で、三十三幅とも完存しているものとして非常に貴重である。中央幅は大円光を負って巌窟中に結跏趺坐している。柔和な面貌で頭上に華冠を戴く。他の三十三幅はすべて中尊と同一作者とみられ、立像あり坐像あり各様各態1つとして同じ態様のものがない。画者の凡手でないことが知られる。寺伝によれば作者は明兆となっている。

前へ戻る