愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

絹本著色愛染明王像(けんぽんちゃくしょくあいぜんみょうおうぞう)

分類 県指定
種別 絵画
所在地 稲沢市長野
所有者等 万徳寺
指定(登録)年 昭和57年(1982)
時代 南北朝
絹本著色愛染明王像

絹本著色愛染明王像

一幅 縦102.8㎝、横55.6㎝ 掛幅装
一面三眼六臂の愛染明王像を画面一杯に描いた画像である。愛染明王は、全身朱で、蓮華座上に結跏趺坐する。髪は怒髪とし、獅子冠を被り、獅子の頭頂には三鈷鉤(本来は五鈷鉤)を載せる。口を大きく開き、牙が突き出ている。頭光は、大日如来にしばしば見られる波状文である。六臂の持物は、右第一手に五鈷杵、左第一手に五鈷鈴、右第二手に矢、左第二手に弓、右第三手が蓮華を執り、左第三手を拳とする。愛染明王は、蓮華座ごと熾盛輪と呼ばれる円輪に収まり、下方に七宝のあふれ出る宝瓶がある。顔は忿怒の表情がよく表される。条帛は薄い丹地に金泥文が施され、肥痩のある墨線で描き起こされる。裳は群青地に金泥の大振りな文様が置かれる。髪や蓮弁には金泥線が引かれ、熾盛輪には金泥の波線と隅取りがある。的確な描写が見られるが、装身具の金属部分に金泥の厚塗りがみられ、南北朝時代の作と考えられる。愛知県下でも密蔵院本に次ぐ古い作例といえる。

前へ戻る