愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

曼陀羅寺伽藍(地蔵堂)(まんだらじがらん(じぞうどう))

分類 県指定
種別 建造物
所在地 江南市前飛保町寺町202
所有者等 曼陀羅寺
指定(登録)年 昭和30年(1955)
時代 寛永9年(1632)

※ 別ウインドウで開きます

外観

外観

■指定理由

曼陀羅寺は、浄土宗の古刹で、元徳元年(1329)後醍醐天皇の勅願により創建されたと伝える。
地蔵堂は、桁行3間、梁間3間、寄棟造檜皮葺の小規模な仏堂である。この建物は、もとの曼荼羅堂であったとも伝えられ、江戸時代初期の建築様式をよく残している。

■詳細解説

曼陀羅寺は浄土宗の西山派に所属する。縁起によれば、元徳元年(1329)後醍醐天皇の勅願により、天真乗運の開基として創立された。地蔵堂は、寺記や建築様式から判断すると、寛永9年(1632)に建立されたものと考えられ、当寺に現存する堂宇の中では最も古い建物である。また地蔵堂は、元の曼陀羅堂であったともいわれ、現在の曼陀羅堂の位置にあったという。本尊は、後醍醐天皇の御母檀天門院のご念持仏と伝わる地蔵菩薩が祀られている。
地蔵堂は中門の東脇に西面して建てられている。地蔵堂は、桁行3間(6.06m)、梁間3間(6.06m)、一重、寄棟造、檜皮葺の小規模な仏堂である。正面と側面には廻縁がつけられている。柱は総丸柱で、組物は平三斗(ひらみつど)、中備に蟇股(かえるまた)を用いる。正面3間と両側面2間には舞良戸(まいらど)をいれ、その他柱間は白漆喰壁が塗られている。内部は一つの空間で、組物は出三斗(でみつど)をのせ、格天井が一面に張られる。天井板には彩色画が施され鮮やかに飾られる。背面には見付一杯に奥行半間の仏壇を設け、その上に厨子を安置する。この堂は小規模であるが、当寺の歴史を物語る重要な遺構で、実肘木や木鼻等の絵様や彫刻など古風であり、江戸時代初期の建築様式を良く残している。(沢田多喜二)

前へ戻る