愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

大樹寺総門(だいじゅじそうもん)

分類 県指定
種別 建造物
所在地 岡崎市鴨田町字広元5-1
所有者等 大樹寺
指定(登録)年 昭和30年(1955)
時代 寛永15年(1638)

※ 別ウインドウで開きます

正面

正面

■指定理由

大樹寺は、4代の親忠により、松平氏の菩提寺として、文明7年(1475)に創建された。三代将軍徳川家光により、寛永13年(1636)から大造営が行われ、伽藍が整えられている。
境内には、多宝塔(重要文化財)のほか、県指定文化財として、三門、総門、裏二の門、鐘楼、大方丈、が残されており、また、旧裏一の門が東浦町に移築されている。

■詳細解説

組物

組物

寺は、浄土宗鎮西派に属し、文明7年(1475)に4代松平親忠が勢誉愚底を開山として創建した。徳川家・松平氏の菩提寺として盛衰をともにしている。一時衰退したが、天文4年(1535)に7代松平清康が伽藍を再興し、多宝塔はその時に建立された。3代将軍徳川家光は寛永13年(1636)から大造営を行って寺観を整備した。現在の三門、総門、鐘楼、旧裏一の門、裏二の門はその時に建立されたものである。安政2年(1855)の火災で主要堂宇を失ったが、同4年には本堂、大方丈、小方丈、庫裏などが再建され、いまなお徳川家・松平氏の菩提寺として相応しい威厳ある大伽藍を呈している。
総門は、寛永15年(1641)に建立されたもので、三間一戸の薬医門である。規模は間口3.141m、奥行2.375m、本瓦葺の大型の門である。主柱の上部にかかる冠木(かぶき)上には男梁(腕木)をおいて、冠木下から挿肘木で支える。男梁上には二重虹梁大瓶束(たいへいづか)をのせて棟をうける。控柱は両端のみ立てられ、戸口には両開き板扉をつる。軒は二軒疎垂木である。この門は、大柄で組物・二重虹梁・大瓶束を用いるなど建築手法が華麗で大寺の総門に相応しい堂々たる造りになっている。(沢田多喜二)

前へ戻る