愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

大樹寺鐘楼(だいじゅじしょうろう)

分類 県指定
種別 建造物
所在地 岡崎市鴨田町字広元5-1
所有者等 大樹寺
指定(登録)年 昭和30年(1955)
時代 寛永18年(1641)

※ 別ウインドウで開きます

外観

外観

■指定理由

大樹寺は、4代の親忠により、松平氏の菩提寺として、文明7年(1475)に創建された。三代将軍徳川家光により、寛永13年(1636)から大造営が行われ、伽藍が整えられている。
境内には、多宝塔(重要文化財)のほか、県指定文化財として、三門、総門、裏二の門、鐘楼、大方丈、が残されており、また、旧裏一の門が東浦町に移築されている。

■詳細解説

上層

上層

寺は、浄土宗鎮西派に属し、文明7年(1475)の創建で、徳川家・松平氏の菩提寺として盛衰をともにしている。天文4年(1535)に7代松平清康が伽藍を再興し、多宝塔はこの時に建立された。3代将軍徳川家光は寛永13年(1636)から大造営を行って寺観を整え、現在の三門、総門、鐘楼、旧裏一の門、裏二の門はその時に建立されたものである。安政2年(1855)の火災で主要堂宇を失ったが、同4年には本堂、大方丈、小方丈、庫裏などが再建され、いまなお徳川家・松平氏の菩提寺として相応しい威厳ある浄土宗伽藍を呈している。
鐘楼は、三門と同様に寛永18年(1641)の棟札には幕府大棟梁の木原藤原朝臣義久、大工の平内大隈守正信の名がみえ、幕府の直轄工事であったことがわかる。この鐘楼は、桁行6.755m、梁間5.54m、重層の袴腰(はかまごし)付の建物である。屋根は入母屋造、本瓦葺で、上層の軒出が深く安定している。組物は三手先、中備に間斗束が用いられるなど和様の手法が取られている。この門は、三門と同時期に造られており、大工は同じだが、三門が禅宗様、鐘楼が和様と異なった様式で造られているのが興味深い。(沢田多喜二)

前へ戻る