愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

東観音寺多宝塔(とうかんのんじたほうとう)

分類 国・重要文化財
種別 建造物
所在地 豊橋市小松原町字坪尻14
所有者等 東観音寺
指定(登録)年 明治40年(1907)
時代 大永8年(1528)

※ 別ウインドウで開きます

外観

外観

■指定理由

東観音寺は、天平5年(733)行基の開創と伝える臨済宗妙心寺派の古刹で、津波の難を避けるため、正徳6年(1716)に現在地に移されたという。
多宝塔は、大永8年(1528)の建立とされ、下層は三間、上層は円形で、白漆喰の亀腹(かめばら)をつけ、屋根は宝形でこけら葺としている。塔高を低く抑えており、重厚な印象を与える。

■詳細解説

寺は、小松原山と云い、臨済宗妙心寺派に所属する。天平5年(733)行基の開創という古刹である。もと寺地は、遠州灘沿いにあったが、宝永4年(1707)の津波で被災し、正徳6年(1716)に現寺地に移転した。さらに多宝塔は明治13年(1880)に現地に移されたという。この塔は、寺伝では藤田左京僚亮定光の建立とされ、寺蔵の多宝塔古版木裏面に大永8年(1528)の銘がある。
この塔は、三間多宝塔(一辺3.34m)、高さ12.15mである。上層は円形で、白漆喰の亀腹をつけ、丸柱12本を円周状に立て、四手先の組物を置いて、こけら葺の宝形屋根をのせる。下層では、裳階(もこし)をつけ、周囲に高欄付の廻縁をめぐらす。柱は丸柱で、組物は出組、中備に蟇股(かえるまた)、蓑束(みのづか)を用いる。各面には双折桟唐戸、連子窓をいれる。内部には来迎柱を立て、禅宗様須弥檀を置き、本尊多宝如来を祀る。心柱は下層の梁上で止まり、相輪は通常の仏塔とは異なり水煙と竜車を欠き、露盤、覆鉢(ふくばち)、請花、九輪、宝珠で構成される。この塔では、上下層ともに扇垂木とするなど、禅宗様を基調としているが、塔高を低くおさえ、重厚な印象をもつ。(沢田多喜二)

前へ戻る