愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

国宝金蓮寺弥陀堂(こくほうこんれんじみだどう)

分類 国・重要文化財(国宝)
種別 建造物
所在地 西尾市吉良町饗庭七度ケ入3
所有者等 金蓮寺
指定(登録)年 昭和30年(1955)
時代 鎌倉中頃

※ 別ウインドウで開きます

外観

外観

■指定理由

金蓮寺弥陀堂は、県内最古の建築で、桁行三間、梁間三間、一重寄棟造で屋根は檜皮葺とする。軸部の柱、舟肘木、内部の小組格天井などに鎌倉時代の様式をよく表している。
源頼朝により、文治2年(1186)に建立されたと伝えられるが、様式的には若干新しいと考えられる。

■詳細解説

内部

内部

金蓮寺は、古くから三河国幡豆郡の吉良荘の饗庭(あいば)にあり、阿弥陀如来を本尊とする。創立は、寺伝によると文治2年(1186)源頼朝と三河国守護の安達九郎盛長により建てられた三河七御堂の一つといわれる。当初は真言宗であったが、寛政9年(1797)に希外透聞和尚を開基として曹洞宗に改められた。弥陀堂は、平安時代の浄土信仰の中で極楽浄土を求めて建てられた阿弥陀堂の系統に属し、その遺例は中尊寺金色堂(岩手・国宝)などに見られる。それらは方三間、総丸柱で、中央に四本柱を立てて尊像を祀る有心堂の仏堂であったのに対し、金蓮寺弥陀堂は桁行3間、梁間3間、寄棟造、檜皮葺、正面に庇を出し、左側面後方に2間の庇を加え、周囲に落縁(おちえん)を巡らした邸宅風の意匠を取り入れた仏堂であり、同種の建物としては金剛峰寺不動堂(和歌山・国宝)がある。内部は四天柱を用いず、来迎柱2本を側柱列より後退させていることから、鎌倉時代中頃の建物と考えられている。(杉野 丞)

前へ戻る