愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

旧日本聖公会京都聖約翰教会堂(きゅうにほんせいこうかいきょうとせいよはねきょうかいどう)

分類 国・重要文化財
種別 建造物
所在地 犬山市内山1(明治村)
所有者等 財団法人 明治村
指定(登録)年 昭和40年(1965)
時代 明治40年(1907)

※ 別ウインドウで開きます

全景

全景

■指定理由

この教会堂は、京都市下京区河原町に日本聖公会京都五条教会堂として建設されたものである。
構造は、1階が煉瓦造、2階を木造とし、屋根を銅板葺とする。構造自体がそのまま優れたデザインとなった美しい建物である。

■詳細解説

会堂内部

会堂内部

日本聖公会はプロテスタントの一派である。2階が会堂、1階は日曜学校や幼稚園に使われた。中世ヨーロッパのロマネスク様式を基調に、細部にゴシックのデザインを交えた外観で、正面左右に高い尖塔が建てられ、奥に十字形大屋根がかかる会堂が配された教会である。正面の妻と交差廊の両妻には大きな尖塔アーチの窓が開けられ、室内が明るい。構造は、1階が煉瓦造、2階が木造で造られ、屋根は鉄板葺であったが、移築に当り銅板葺に改められた。2階会堂内部は十字形平面で、小屋裏あらわしである。アーチ形の方杖と鉄筋を巧みに生かした独特な小屋組みで、骨組みが細いこともあって、実際より広く感じさせる。京都の風土に合せて使ったといわれる天井の竹の簾も明るい窓の光を反射させ、より開放感を増している。構造自体がそのまま優れたデザインとなった美しい建物である。
設計者アメリカ人ガーディナーは、ハーバード大学で建築を学び、明治13年(1880)来日、立教学校の校長として教育宣教に当たる一方、建築家としても立教大学校校舎、明治学院ヘボン館などの作品を遺している。(西尾雅敏)

前へ戻る