愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

旧山梨県東山梨郡役所(きゅうやまなしけんひがしやまなしぐんやくしょ)

分類 国・重要文化財
種別 建造物
所在地 犬山市内山1(明治村)
所有者等 財団法人 明治村
指定(登録)年 昭和41年(1966)
時代 明治18年(1885)

※ 別ウインドウで開きます

全景

全景

■指定理由

旧山梨県東山梨郡役所は、明治11年(1878)に創設された、地方行政組織としての「郡」のための庁舎として建設された。
建物は、木造で中央棟を2階建、左右両翼を平屋とし、屋根は入母屋造の桟瓦葺とする。伝統的手法をとりながらも、洋風の意匠を用いようとしており、明治期の地方行政庁舎の雰囲気をよく伝えている。

■詳細解説

明治11年(1878)「郡区町村編成法」が施行され、県令の任命する郡長が、郡内の町村の行政を指揮監督することになり、東山梨郡では、当初仮庁舎を使って業務が開始されたが、明治18年(1885)この建物が日下部村に落成した。当時の山梨県令藤村紫朗は地元に多くの洋風建築を建てさせ、この役所も一例である。
この建物は地元の職人の手になるもので、木造桟瓦葺の外形に伝統技法を駆使してさまざまな洋風意匠を施している。中央棟、左右翼屋正面をそれぞれ入母屋屋根として洋風妻面になぞらえ、中央棟は二層の回廊を廻らす。この形は内務省に代表される当時の官庁建築の特徴である。出入口は半円アーチにくり抜いて欄間を付け、窓は上げ下げ窓で、黒漆喰の縁を回す。ベランダの柱は洋風の束ね柱を模して凸面の襞(ひだ)を入れた胡麻殻しゃくりの丸柱とし、壁面の出隅には黒漆喰を用いて隅石積みの形を塗りだしている。2階手摺の構成などには、純粋の洋風建築にはない面白さがある。室内では、花鳥風月をあしらった天井の漆喰塗中心飾りが特に美しい。(西尾雅敏)

前へ戻る