愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

旧札幌電話交換局舎(きゅうさっぽろでんわこうかんきょくしゃ)

分類 国・重要文化財
種別 建造物
所在地 犬山市内山1(明治村)
所有者等 財団法人 明治村
指定(登録)年 昭和43年(1968)
時代 明治31年(1898)

※ 別ウインドウで開きます

全景

全景

■指定理由

旧札幌電話交換局舎は、札幌市中央大通に所在した旧札幌中央郵便局の東南隅に建てられた石造、2階建、桟瓦葺の建物である。
小規模で装飾も簡素ではあるが、全体としてよく均整のとれた美しい建物となっている。

■詳細解説

電話はアメリカのベルが発明した翌年(明治10年(1877))に日本にも紹介され、明治23年(1890)には東京と横浜で電話交換業務が開始された。この札幌電話交換局は明治31年(1898)暮れに小樽電話交換局と共に竣工、翌年から交換業務を開始している。
外回りの壁を地元定山渓(じょうざんけい)産の厚い石で築き、内部の床、間仕切壁、小屋組を木造で組み上げ、屋根には桟瓦を葺いている。1階の窓は葉飾りを刻んだ要石を持つ櫛型アーチ窓、2階はまぐさ式の窓に小庇が付けられている。2階窓下の胴蛇腹(どうじゃばら)には大きな円形の花紋が連続して刻まれ、全体の雰囲気を和らげている。壁面を胴蛇腹で上下に分け、上下階の窓のデザインをかえる手法は、ルネッサンス以降西欧でよく用いられたもので、ここでも単調になりがちな外観を印象深いものにしている。
この建物は、明治43年(1910)大増築がなされ、その時の創建と思われてきたが、解体の際に増築側の間仕切り壁に当初の石造外壁が塗りこめられていることが発見され、明治31年(1898)竣工の建造物であることが判明した。(西尾雅敏)

前へ戻る