愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

旧東松家住宅(きゅうとうまつけじゅうたく)

分類 国・重要文化財
種別 建造物
所在地 犬山市内山1(明治村)
所有者等 財団法人 明治村
指定(登録)年 昭和49年(1974)
時代 明治34年(1901)頃

※ 別ウインドウで開きます

全景

全景

■指定理由

旧東松家住宅は、もと名古屋市中村区の堀川近くに所在し、油商を営んだ東松家の居宅であった。
建物は間口4間、奥行8間半、切妻造、三階建で、塗屋造という江戸時代以来の伝統工法が用いられている。間口が狭く奥行きの深い典型的な町屋で、茶室を設けるなど、商家の豊かな趣味がしのばれる建物である。

■詳細解説

通り土間吹き抜き

通り土間吹き抜き

名古屋の中心部堀川近くにあった商家である。東松(とうまつ)家は明治20年代後半までは油屋を生業とし、その後昭和のはじめまで堀川貯蓄銀行を営んでいた。
塗屋造という江戸時代以来の伝統工法で建てられているこの建物は、創建以来、再三の増改築を経ている。江戸末期、平屋であったものを、明治28年(1895)後方へ曳き屋の上、2階の前半分を増築して現在の店構えを完成させ、明治34年(1901)3階以上を増築した。正面の壁が3階まで直立している姿は、ビル化する商店建築の先駆けといえる。正面を黒漆喰で塗り上げ、窓に太い額縁を巡らし、防護の格子をはめている。建物背後に風呂・便所を突き出している。
間口が狭く奥行の深い典型的な町家で、1階左側に通り土間を通し、右側に店、座敷などを連ねている。通り土間の上を3階までの吹き抜きとし、高窓から明かりを入れているので、室内は明るい。2階3階は住まいのための部分であるが、吹き抜きに面して、茶室、茶室に繋がる廊下、待合、3階各部屋の様々な設え(しつらえ)が見られ、当時の商家の豊かな趣味がしのばれる。(西尾雅敏)

前へ戻る