愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

名古屋城旧二之丸東二之門(なごやじょうきゅうにのまるひがしにのもん)

分類 国・重要文化財
種別 建造物
所在地 名古屋市中区本丸1番
所有者等 国(財務省)(名古屋市管理)
指定(登録)年 昭和50年(1975)
時代 慶長17(1614)頃

※ 別ウインドウで開きます

全景

全景

■指定理由

名古屋城は、徳川義利(義直)の尾張転封に際し、西国諸大名によるいわゆる「天下普請」により築城された。
城郭内の天守や御殿などは幕府による造営であり、戦災を免れた西南隅櫓、東南隅櫓、西北隅櫓、表二の門、二之丸大手二之門、旧二之丸東二之門が重要文化財に指定されている。
旧二之丸東二之門は、二之丸の東面中央に設けられた正門にあたるが、現在は本丸の東二之門の位置に移築されている。

■詳細解説

二之丸御殿は元和3年(1617)に完成し、藩主の居所と藩庁も置かれた。旧二之丸東二之門は、二之丸の東面中央に設けられた正門にあたる。現在は本丸の東二之門の位置に移築されている。本瓦葺の高麗門(こうらいもん)形式で、大手二之門とほぼ同じ形である。建造年代は天守と同じ慶長17年頃の完成とみられている。(溝口正人)

前へ戻る