愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

旧伊勢郵便局舎(宇治山田郵便局舎)(きゅういせゆうびんきょくしゃ(うじやまだゆうびんきょくしゃ))

分類 国・重要文化財
種別 建造物
所在地 犬山市内山1(明治村)
所有者等 日本郵政株式会社
指定(登録)年 平成11年(1999)
時代 明治42年(1909)

※ 別ウインドウで開きます

全景

全景

■指定理由

宇治山田郵便局舎は、近代郵便制度の事業拡大にあわせ、伊勢外宮前に建築された庁舎である。
木造平屋建銅板葺で、中央に円錐形の屋根を頂き、両翼屋の屋根は寄棟とする。内部は、中央に「公衆溜(こうしゅうたまり)」と呼ばれたホールを配する。

■詳細解説

明治4年(1871)、東京の江戸橋に日本最初の郵便役所が建てられ、近代郵便事業が開始された。伊勢の宇治山田にも明治5年(1872)わずか4坪(13.2m2)の小さな役所が開業した。事業の拡大につれて、宇治山田郵便局は移転に次ぐ移転を重ね、明治42年(1909)伊勢外宮前の角地にこの建物を新築した。
木造平屋建銅板葺で、中央に円錐形の屋根を頂き、両翼屋には寄棟の屋根を伏せており、正面の左右には小ドームの載る角塔を建てている。外装はハーフティンバー様式で、漆喰塗と下見板張の壁が使い分けられ、欄間部分には漆喰塗のレリーフが施されている。窓には3段或いは4段の回転窓が付けられているが、これは他に余り例を見ない形式である。ドーム以外の屋根は天然スレート葺であったが、移築に当り銅板葺に改めた。
入口を入ると「公衆溜」と呼ばれたホールがあり、周囲にカウンターが廻らされている。ホールの天井は、周りより一段高く、高窓から光を入れている。天井中心からはチューリップ型のシャンデリアが下げられている。このように公衆用のホールを中心に据えた形は、新時代の計画といえよう。(西尾雅敏)

前へ戻る