愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

實成寺山門(じつじょうじさんもん)

分類 国・登録文化財
種別 建造物
所在地 あま市中萱津南宿254
所有者等 實成寺
指定(登録)年 平成17年(2005)
時代 江戸中期

※ 別ウインドウで開きます

正面

正面

■登録理由

本堂の前方、やや北寄りに東面して建つ。四脚門、切妻造、本瓦葺で、礎盤上に親柱、控柱とも丸柱を立て、頭貫(かしらぬき)と妻虹梁(つまこうりょう)で固め、軒は二軒疎垂木で、木舞打ちとする。丸柱は粽付(ちまき)で、親柱を上部に延ばした禅宗様の大型の山門で、寺院正面の構えに欠かせない建物。

登録の基準 国土の歴史的景観に寄与しているもの

■詳細解説

側面

側面

寺伝によれば、實成寺本堂は日蓮宗改宗以前のもので、真言宗に属していた頃は十如堂と称する護摩堂であったという。元応元年(1319)日蓮上人の弟子日妙が妙勝寺を創建したことに始まり、明応3年(1494)清須城主織田敏定が寺領を寄進し堂舎を再興して、實成寺と改めたという。山門は文禄年間(1592~96)清須城主福島正則によって寄進されたと伝えるが、江戸時代中期に古式に倣って修築されたと考えられる。
二本の主柱の前後に四本の控柱が付く四脚門(しきゃくもん)で、切妻造、本瓦葺、柱は全て上下端で丸く細めた粽(ちまき)付円柱である。主柱は棟木近くまで延ばし、柱間の内法に虹梁を渡し、両端に大型の木鼻(きばな)を出す。柱頂には頭貫と厚板状の横材である台輪(だいわ)を通し、妻には蟇股(かえるまた)の足のような形をした装飾材の笈形(おいがた)を置く。主柱と控柱の間には腰貫・頭貫・虹梁を渡し、現在は補強のため腰貫・頭貫間に鉄板を嵌め込んでいる。扉は主柱脇に立てた方立(ほうだて)に板戸を吊る。
この門は本格的な禅宗様の四脚門で、木柄も太く重厚な門である。同じ甚目寺町内の甚目寺東門(重文・寛文11年1634)に構造・意匠等の類似点が見受けられる。(岩田敏也)

前へ戻る