愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

名古屋テレビ塔(なごやてれびとう)

分類 国・登録文化財
種別 建造物
所在地 名古屋市中区錦3-6-15先
所有者等 名古屋テレビ塔株式会社
指定(登録)年 平成17年(2005)
時代 昭和29年(1954)

※ 別ウインドウで開きます

全景

全景

■登録理由

市中心部の久屋大通公園に位置する。142m高の鉄骨トラスに38m高のアンテナを載せる。展望台等を兼ねる建屋はカーテンウォール構造で築き、鉄骨とRC造交差アーチで支える。名古屋の戦後復興のシンボルで、テレビ放送用集約電波鉄塔としては日本最古。

登録の基準 国土の歴史的景観に寄与しているもの

■詳細解説

昭和29年(1954)6月、日本で初めてのテレビ放送用集約電波塔が、名古屋市の中心部にある久屋大通公園に出現した。官民が共同出資して設立された会社が建設をした。
この電波塔は、142mの高さの鉄骨トラスに38mの高さのアンテナを載せたもの。総高は180mで、竣工当時、日本一の高さで話題をよんだ。
名古屋テレビ塔は四角溝桁式自立鉄塔で、塔脚部は脚を開いた形になっている。これは地下鉄が真下を通過する計画に対応したため。
テレビ塔は、アングルとフラットプレートを組合せて、リベットやボルトで留めて、組み上げたものだが、重心を低くするため、鉄筋コンクリート造の構造物(交差アーチ)を塔脚部に取付けている。
地上90mのところに展望台、その上に展望バルコン(スカイバルコニー)を設け、腰部には休憩サロンや売店などを収容する3層の建物をとりつける。但し、展望バルコンは昭和43年(1968)の増築。
設計は内藤多仲が担当したが、その後、彼は大阪通天閣(1955年、約100m)、さっぽろテレビ塔(1957年、約147m)、東京タワー(1958年、約333m)などを設計している。(瀬口哲夫)

前へ戻る