愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

春江院庫裏(しゅんこういんくり)

分類 国・登録文化財
種別 建造物
所在地 名古屋市緑区大高町字西向山5
所有者等 春江院
指定(登録)年 平成17年(2005)
時代 昭和8年(1933)

※ 別ウインドウで開きます

外観

外観

■登録理由

書院の北にある。南北棟の切妻造、桟瓦葺、2階建で、北面に下屋を降ろし、東面北寄に玄関を配する。北東隅の吹抜土間は豪放な梁組を現すが、1階・2階とも中廊下式とした近代的な平面構成で、洋風意匠の階段手摺子など、伝統の中に近代的要素が認められる。

登録の基準 造形の規範となっているもの

■詳細解説

内部

内部

寺は大高山と号し、曹洞宗に属し、多宝如来を本尊とする。創立は、弘治2年(1556)に大高城主水野大膳が父和泉守の菩提を弔うため、横須賀長源寺の4世峰庵玄祝和尚(天正15年・1587寂)を開山として開いたものである。庫裡は、昭和8年(1933)に大工奥田源太郎によって建立されたものとされる。
庫裡は、桁行11間、梁間6間、切妻造、桟瓦葺、平入、2階建、北面建の建物である。間取りは、主屋の北妻より3間を土間、その南4間を板間、その南4間を座敷とし、北妻と西背面の北寄りに幅2間の下屋、南妻と西背面の南半分強に幅1間の下屋を廻らしている。内部では、玄関土間を入って2間半奥に桁行の柱筋を造り、東列と西列に部屋割りを2分し、中央に中廊下を通し、土間と板間との境に大黒柱を立てている。2階も同位置に中廊下が通され、東列と西列にそれぞれ5室を並べている。禅宗の庫裡は、一般に切妻造の長方形平面とし、臨済宗では妻入、曹洞宗では平入とするものが多い。また、江戸時代の庫裡では、2階の一部を屋根裏部屋として造られたが、近代に入ると次第に広くなり、近代に入ると総2階のものが現われるようになる。(杉野 丞)

前へ戻る