愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

雲興寺鐘楼(うんこうじしょうろう)

分類 国・登録文化財
種別 建造物
所在地 瀬戸市白坂町131
所有者等 雲興寺
指定(登録)年 平成17年(2005)
時代 文化7年(1810)

※ 別ウインドウで開きます

外観

外観

■登録理由

境内中心部、本堂南にある。桁行2間、梁間2間の袴腰付鐘楼で、入母屋造、桟瓦葺である。出組(でぐみ)で縁を支え、軸部は円柱を立て、柱頭の外部に長押を廻し、二手先組物に中備(なかぞなえ)を蟇股(かえるまた)とする。棟札から年代等が明確で、地域における江戸後期の基準作のひとつである。

登録の基準 造形の規範となっているもの