愛知県の国・県指定文化財と国の登録文化財

トップページへ戻る

どうだん亭(旧浅井家住宅離れ)(どうだんてい(きゅうあさいけじゅうたくはなれ))

分類 国登録
種別 建造物
所在地 尾張旭市霞ヶ丘町南298他
所有者等 尾張旭市
指定(登録)年 平成20年(2008)
時代 昭和17年(1942)/昭和42年(1967)移築・平成9年(1997)改修

※ 別ウインドウで開きます

全景

全景

■登録理由

敷地中央に建つ。建築面積89㎡、木造2階建、切妻造桟瓦葺。飛騨市内に所在した享保8年建築の合掌造民家を移築したもので、急勾配の下屋屋根や室内のチョウナ梁に名残をとどめる。施主浅井竹五郎の数寄好みにより、山荘風の近代数寄屋建築にまとめている。

登録の基準 造形の規範となっているもの

■詳細解説

座敷

座敷

どうだん亭は、昭和15年(1940)から建設された陶器貿易商の浅井竹五郎氏の居宅「玄々荘」の一部である。「玄々荘」の敷地は、現在のどうだん亭の敷地とその南隣の天理教名古屋大教会一帯の敷地を占めていた。このような大邸宅を営むことが出来た浅井竹五郎は、明治23年(1890)、大阪の生まれで、名古屋市東区にあった、陶磁器輸出業の浅井産業合名会社の経営者であった。業績を上げ、第二次世界大戦頃には取扱高が全国一を占めたこともあるといわれる。また、浅井竹五郎は、加藤唐九郎など後年名をなす若い陶芸家を後援したことでも知られている。
現存するどうだん亭の建物は、昭和17年(1942)、岐阜県飛騨市(旧吉城郡坂下町)にあった享保8年(1723)建築の荒木家住宅を移築したもので、移築に際して、3階建を2階建に改造している。当時、このような民家を移築することが流行したとされ、熱田神宮内にある又兵衛(旧坂上家住宅、昭和11年(1936)移築、国登録文化財)もその一つである。これは、野趣に富む骨太の柱梁の豪壮な田舎家が数寄者に好まれたことによる。
現在の屋根は切妻造、桟瓦葺で、下屋部分はカラーベスト葺であるが、旧状は茅葺とされる。1階南面東に玄関を設け、これより西側が移築部分で、8畳の大きさの部屋を田の字型に配置し、南側と西側に廊下をまわす。南西の8畳間には、床の間と地袋のある床脇がある。
どうだん亭東側に台所などがあるが、これは、昭和42年(1967)にどうだん亭を入手した大岩憲正氏が居宅として、増築したためである。平成9年(1997)、尾張旭市に寄付され、水屋、炉を新設して、平成11年(1999)より文化施設として活用されている。

前へ戻る